POWERIST

Vネックのが方が良い?クルーネックの加圧シャツのメリットって何?

      2019/08/14

コンプレッションウェア 加圧シャツ アンダーウェア クドライシャツ 半袖 クルーネック UVカット 吸汗速乾 冷感

加圧シャツには、Vネックとクルーネックの物があります。

そして、どうせ着るならばやはり、Vネックの加圧シャツの方が様になりやすいと言えますし、Vネックの加圧シャツの方が人気だと言えるでしょう。

では、クルーネックの加圧シャツにはメリットはないのでしょうか?

ここではそんな、クルーネックの加圧シャツのメリットについて紹介します。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

選択肢が多いこと

クルーネックの加圧シャツのメリットしてまず挙げられるのは、選択肢が多いということです。

クルーネックの加圧シャツは、Vネックの加圧シャツに比べると選択肢が多いです。

というのも、まだまだVネックの加圧シャツを出しているところはそこまで多くはないのです。

最近では増えてきてはいますが、それでもやはりクルーネックの加圧シャツの方が多いと言えるでしょう。

だから、色々な選択肢の中から自分に合う1着を選ぶことが出来るのです。

サイズ感や締め付け具合、デザインなど多少拘れる

色々な選択肢の中から、自分に合う1着を選ぶことが出来るというのはつまり、サイズ感や締め付け具合、そしてデザインなどにも多少拘ることが出来るという事です。

もちろん加圧シャツ自体、そこまでデザインに拘りがあるものがあるわけではないので、デザインへのこだわりはあまりもてないかもしれませんが、それでもやはり、基本的にはクルーネックの方が色々と選んでいけると言えます。

デザイン的に気に入るものがあれば、それはそれで自分のモチベーションをアゲてくれるのですごく効果的です。

やはり高いモチベーションで加圧シャツを着ていた方が、よりしっかりと動くようになるでしょうから、その方が加圧シャツの効果が出るようになる可能性が高くなるのです。

なので、加圧シャツを着るのであれば、やはりデザイン的にも自分の好みのものであるべきなのです。

サイズ感等に関しては、言わずもがなでしっくりくるものを着ていた方が効果は高くなるでしょう。

締め付けて動きづらい中で動くからこそ、加圧シャツには効果が出ます。

ということは逆に言えば、その締め付けが微妙なのであれば、それはやはりあまり効果は出づらいのです。

だからこそ、選択肢はたくさんある方が良いと言えます。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

クルーネックの方が耐久性が高い

もちろんかならずしもそうだとは言えませんが、クルーネックの加圧シャツの方が耐久性は高いと言えるでしょう。

Vネックの加圧シャツは、洗濯をして干す際などに、やはり首のあたりが伸びやすいです。

でも、クルーネックの加圧シャツのばあいは、比較的に丈夫な素材で首回りのリブが出来ていることが多いので、そこまで伸びづらいと言えるでしょう。

だからイコールで、クルーネックの加圧シャツの方が耐久性が高い事が多いと言えるのです。

引っかけることも少ない

また、クルーネックの耐久性が高いのは、クルーネックであればひっかけてしまうことも少ないからだと言えます。

Vネックの加圧シャツの場合、それを着ている時やあるいは洗濯をする際などに、首のあたりを何かに引っ掛けてしまう事があるのです。

そうして何かに引っ掛けてしまうと、当然その衝撃で多少は伸びてしまうでしょう。

でも、クルーネックの場合はそうそうひっかけることはありません。

そもそも穴が小さいですから、引っ掛かる可能性はかなり少ないと言えるのです。

そうしてそれが引っ掛かる可能性が少ないのですから、その分不慮の事故によるダメージも少ないと言えます。

だから、必然的に寿命が長くなりやすいのです。

寿命は長い方が当然良い

加圧シャツの寿命は、長い方が当然良いと言えます。

寿命が短いと、やはり加圧シャツに掛かるコストも増していきます。

加圧シャツは基本的に毎日着る物だと言えますから、コストはかからないならかからないほど良いのです。

クルーネックの方が体が大きく見える

クルーネックの加圧シャツのメリットとして、クルーネックの方が身体が大きく見えるというメリットもあります。

クルーネックの加圧シャツは、首のつけ根のあたりまでしっかりと加圧シャツで締め付けられることになります。

そしてそれは、そのあたりまでシャツがぴちぴちになっているということでもあります。

そのあたりまでシャツがぴちぴちになっていると、やはりその分だけ身体が大きく見えるのです。

もちろんそれは加圧シャツを1枚で着た時の話なので、加圧シャツを1枚で着る事がないというのであれば大したメリットにはならないかもしれませんが、もし加圧シャツを1枚で着ることがあるのであれば、それはやはり大きなメリットだと言えるでしょう。

やはり加圧シャツを着ている人の中には、日々トレーニングに励んでいて、その成果を見せていきたいと思っている方も多いでしょうから。

ある程度身体ができていないと意味がない

またこれは、ある程度身体ができていないと意味がないメリットでもあります。

しっかりと身体ができていないのに首元までぴちぴちのシャツを着ていても、逆に貧弱に見えてしまう可能性が高くなります。

クルーネックの加圧シャツを着て、より身体を大きく見せることが出来るのは、ある程度身体ができている人だけなのです。

つまりこのことから、クルーネックの加圧シャツは、身体の作りを強調するものであるということが言えます。

なので、クルーネックの加圧シャツを着るのがおすすめできる人は、ある程度身体ができている人になるのです。

クルーネックの加圧シャツの方が安い事が多い

もう一点、クルーネックの加圧シャツにはメリットがあります。

それが、クルーネックの加圧シャツの方が安い事が多いという点です。

もちろん最近ではVネックの加圧シャツの選択肢も増えてきているので、Vネックの加圧シャツでも安いものはちらほらと目にするようにはなってきました。

でもやはり一般的にはクルーネックの加圧シャツの方が安いと言えるでしょう。

だから、安く加圧シャツを着たいのであれば、クルーネックの加圧シャツを着るのがおすすめです。

たくさんの選択肢があるから安いものも多い

でも、どうしてVネックの加圧シャツよりもクルーネックの加圧シャツの方が安いと言えるのでしょうか?

それは、クルーネックの加圧シャツの方が、選択肢がたくさんあるからだと言えます。

そもそもの選択肢がたくさんあるのですから、当然その中には安いものも多くなってきます。

また、デザイン的にベーシックだからと言う事もあるでしょう。

Vネックの場合は、Vネックの幅や角度や広さなど、拘れるところもたくさんあります。

ですが、クルーネックのものの場合は、だいたい同じくらいの幅であり、だいたい同じようなシルエットになりますから、作るも簡単に出来ると言えるでしょう。

そういうこともあって、Vネックの加圧シャツよりもクルーネックの加圧シャツの方が安いと考えることが出来ます。

先述の通り、加圧シャツは毎日着るものですから、安く着ることができたらそれに越したことはありません。

なので、クルーネックの加圧シャツは意外とおすすめできるものなのです。

まとめ

クルーネックの加圧シャツのメリットについては、以上の通りになります。

確かにVネックの加圧シャツの方がメリットは多いし大きいかもしれません。

でもこのように、クルーネックの加圧シャツにもメリットはあるわけなのですから、一度選択肢に加えて、よく考えてみてください。

その方が後悔なく加圧シャツを使えるでしょう。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 加圧シャツ