POWERIST

身体に合っていない?加圧シャツでめまいが起こる時の原因と対策方法

      2019/08/14

加圧シャツを着ているとごくまれに、めまいがしてくることがあります。

そうしてめまいがして着たりすると、加圧シャツを着ることは身体に合っていないのではないか?

と思い、心配になるものです。

でも、どうして加圧シャツを着ていてめまいがしてしまうのでしょうか?

ここではそんな、加圧シャツでめまいが起こる原因と、その対策方法を紹介します。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

めまいが起こるのは締め付けすぎるから

加圧シャツでめまいが起こるのは、その加圧シャツが身体を締め付けすぎるからだと言えます。

加圧シャツは、基本的には身体を締め付けてなんぼのモノになります。

そうして締め付けている状態で身体を動かしていくことにより、動きづらさの中で動くことになるので、運動効果が上がるというのが加圧シャツです。

だから、しっかりと締め付けていないとならないのです。

しっかりと締め付けていないと、あまり動きづらくなりません。

あまり動きづらくならないということはイコールで、運動効果もあまり高くならないということになります。

それではやはり加圧シャツを着ている意味があまりなくなってしまうと言えるでしょう。

それは困るので、加圧シャツを買う時には、小さいサイズを買う人も多いでしょう。

でも、そうして小さいサイズを買うと、小さ過ぎて身体を締め付けすぎてしまう事があるのです。

締め付けすぎるとなぜめまいがするのか

でも、そうして加圧シャツのサイズ感が小さくて、その加圧シャツが体を締め付けて過ぎてしまうことは、なぜめまいに繋がると言えるのでしょうか?

それは、締めつけ過ぎてしまうと、頭にあまり血液や酸素があまり行かなくなるからです。

小さすぎる加圧シャツで身体を締め付けすぎると、その分だけ当然血流はいきづらくなります。

となるとそれに伴って酸素もいきづらくなりますから、酸欠で貧血のような状態になります。

もちろん、締めつけ過ぎるとは言っても、それはあくまでも、加圧シャツが小さいという位の話になりますから、すごく深刻な状態になることはほとんどないと言えるでしょう。

しかし、軽くめまいが起こるくらいには、酸欠で貧血の状態になってしまうことはあるのです。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

体調が悪いからと言うこともある

加圧シャツを着ていてめまいがしてしまうのは、その加圧シャツのサイズ感が小さいからと言うことだけが理由なわけではありません。

その他にも考えらえる理由はあります。

それが、体調が悪いということです。

加圧シャツは、基本的には毎日着るように心がけていることが多いでしょう。

そうして毎日着るように心がけていると、ついついちょっと体調が悪くてもソレを着てしまうことはあるでしょう。

ですが、そうして体調が悪い時に着るのはやはり良くありません。

体調が悪い時に血流が悪くなるのは良くない

体調が悪い時に血流が悪くなると、その体調を改善させるための栄養などもあまり行かなくなります。

また、当然ながらそうして体調が悪い時なのに身体に掛かる負荷は増えていくわけですから、それをツラく感じてふらふらしてしまう事もあるでしょう。

もちろん加圧シャツ程度の加圧ではそうならない事も多いですが、それでもやはり体調が悪い時に加圧シャツを着ることは、めまいに繋がる事もあると覚えておいた方が良いでしょう。

締め付けすぎることでのめまいへの対策方法

加圧シャツを着ていてめまいがする時の原因として感がられるのは主に上記の二つだと言えるでしょう。

なので、それらへの対策方法を知っておけば、今後加圧シャツを着ている時のめまいで悩まされる可能性はかなり少なくなると言えるでしょう。

ではまず、加圧シャツのサイズ感が小さすぎて、身体を締め付けられ過ぎてしまうことへの対策方法は、どのようにしたら良いでしょうか?

加圧シャツのサイズ感が小さすぎて身体を締め付けられすぎてしまうことへの対策方法は、すごくシンプルです。

それに対策するためには、一回り大きな加圧シャツを買えばいいだけです。

むしろそれ以外に対策方法はないと言えるでしょう。

伸ばしてしまうと意味がなくなる

新しくサイズが一回り大きい加圧シャツを買うということ以外での対策方法を強いて言うのであれば、加圧シャツを思い切って伸ばしてしまうという方法もあるにはあります。

ではやはりこの方法は、おすすめできる方法ではないと言えます。

なぜなら、伸ばしてしまうとそれによって加圧シャツのバランスが崩れてしまう可能性が高くなるからです。

加圧シャツの多くは、何も考えずに身体を締め付けているわけではありません。

加圧シャツの多くは、しっかりとバランスを考えて締め付けているのです。

その証拠に、加圧シャツを着始めてから姿勢が良くなったという方もすごくたくさんいます。

バランスよく締め付けていないと、それを着ていて姿勢が良くなるということはまずないと言えるでしょう。

なので、やはり伸ばしてしまうという対策方法はおすすめ出来ないのです。

全体をバランスよく伸ばしていく方法があれば良いですが、そんな方法はまずありません。

だから、サイズ感が小さすぎて締め付け過ぎてしまうからめまいが起こるということへの対策方法としては、新しくサイズが一回り大きい加圧シャツを買うしかないと言えるのです。

体調が悪い時に着るからめまいが起こる時の対策方法

サイズ感が小さい時には、新しく一回り大きいサイズの加圧シャツを買うことで対処していくことは出来ますが、では、体調が悪い時に加圧シャツを着るせいでめまいがしてしまうということへの対策方法はどうでしょうか?

それへの対策方法も、当たり前にシンプルになります。

それはやはり、体調が悪いと感じる時には加圧シャツは着ないようにすればよいのです。

人間ですから、体調が悪い時だって必ずあります。

そんな風に体調が悪い時には、自分でしっかりとそれに気づき、無理して着ないようにするのです。

必ず毎日きないとならないわけではない

加圧シャツは、確かに毎日着た方が効果を感じられるようになるのも早くはなるでしょう。

でもそれは微々たる差になります。

そんな微々たる差は、誤差の範囲内だと言えるでしょう。

なので、無理して毎日着る必要はないのです。

それよりももっと大事なことがあります。

続ける事が大切

それが、加圧シャツを着ることを続けるということです。

体調が悪い時に無理してきていて、結果めまいがしたりして、加圧シャツを着る事が不安になり、着なくなる。

それが一番最悪なシナリオです。

すぐに効果が出るわけではないのが加圧シャツですから、しばらくは着続けないとなりません。

そうでないとせっかく買った加圧シャツが勿体なくなると言えるでしょう。

しばらく着続ける為に大切なことは、気負わないことです。

毎日きないとだめだと気負うと、なにかのきっかけでその毎日着続けていたという記録が途絶えた時、パタッとやる気がなくなることがあります。

それだとそこから先、加圧シャツを着続けることは出来なくなるでしょう。

そうならない為にも、加圧シャツは無理して毎日着ないようにした方が良いのです。

まとめ

加圧シャツでめまいが起こる時の原因と、その対策方法については以上の通りになります。

このように、加圧シャツを着ていてめまいが起こるというその理由はすごくシンプルだと言えますし、その対策方法もすごくシンプルだと言えます。

だから、対処することも簡単に出来るでしょう。

ぜひしっかりと対処して、問題なく加圧シャツを着れるようにしていってください。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 加圧シャツ