POWERIST

要らなくなったダンベルを処分する方法はどれが適切?

      2019/07/03

ダンベルは、もう使わなくなることもあるものです。

もちろんそれはダンベルだけに限った話ではありませんが、意気揚々と買った筋トレ器具は、割と使わなくなることも多いですよね。

でも、いざダンベルを処分しようとおもった際に迷うのが、それの処分方法です。

実際問題ダンベルは、どのように処分をすれば良いのでしょうか?

私が絶対おすすめするダンベルランキングはこちら

スポンサーリンク

ダンベルはごみとして出すには地域差がある

ダンベルを処分する際に最初に思いつくのは、やっぱり普通にごみとして出すことですよね。

でも、ダンベルをごみとして処分する際には、何ごみとして出せばいいのか迷うものです。

実際ダンベルを何ごみとするのかというのは、地域によってすごく差があるんです。

粗大ごみとするような地域もありますし、燃えないゴミとして普通に出していいというところもあります。

さらに重さによっては粗大ごみになるし、軽ければ資源ごみになるというような地域もあるんです。

だから、ごみとして出す際の処分方法に迷ってしまうのは仕方ありません。

もしごみとして出すのであれば、まず一度自分が住んでいる地域では、ダンベルが何ごみとして扱われているのかということを調べることが必要になります。

それは面倒といえば面倒です。

でも、まずそこは調べた方が良いです。

無料で処分できる可能性もあるということ

もし、燃えないゴミとして出していいというような地域であれば、それは無料で処分することができるということになります。

粗大ごみとして処分する地域の場合には多少なりとも費用がかかります。

ダンベルくらいのサイズ感であれば、たとえそれの処分費用が掛かるとはいっても、その金額はたかが知れていますが、それでも費用がかかることは確かなのです。

だから、粗大ごみであったとしてもごみとして捨ててしまうのはありですが、やっぱりより良いのは燃えないゴミとして普通に処分できることですよね。

その可能性を信じて、まずは自分が住んでいる地域ではどういう扱いにあるのか、調べてみる必要があるんです。

ただ、どこの自治体であっても、辺の長さが30センチを超えるようなダンベルの場合には、粗大ごみとなることが多いです。

だから、もし大きなダンベルを処分しようと考えているのであれば、いちいち調べなくても良いですね。

その場合には粗大ごみになりますから。

私が絶対おすすめするダンベルランキングはこちら

スポンサーリンク

不要回収をお願いするという方法もある

ごみとして出すという方法以外では、不用品回収をお願いするという方法があります。

そういうところは不用品を回収してくれるのですから、当然ダンベルでも回収してもらえます。

ただ、これには大きな欠点があります。

それが、高くつくことが多いということです。

ダンベル一つを回収してもらうのに数千円かかることもあります。

そこまでの費用をかけるのであれば、別にわざわざ回収してもらうのはナンセンスですよね。

それならまだ粗大ごみとして出した方が良いです。

面倒なのは同じ

粗大ごみとして出すのはたしかに面倒です。

いちいち連絡しないといけないですし、さらにシールなども買いに行かないとなりません。

でも不要品回収だって、応募が必要なものになりますから、いちいち住所や連絡先などを入力していかないとならなくなります。

それはやっぱり面倒なものなのです。

どうせ同じように面倒なのであれば、どう考えても安く済む方がましになります。

だから、不用品回収でダンベルを捨てるということはおすすめしません。

ダンベルは中古でもまずまず売れる

ダンベルの処分方法として、オークションやフリマアプリなどで売るという方法があります。

ダンベルなんて中古で出品しても売れるのだろうかと思うこともありますよね。

でも、ダンベルは、実は売れるものなのです。

というのもやっぱり、ダンベルは中古であってもそこまで抵抗があるものではないんです。

これがたとえば、マグカップだったらどうでしょうか?

マグカップは、人が口をつけて使うもですから、中古を買うとしたらすごく抵抗がありますよね。

服だって、それを肌に直接着ることがあるわけなのですから、抵抗がある人がいるのも仕方ありません。

でも、ダンベルは、別に手で持つだけです。

だから、不衛生感を感じることはないんです。

またダンベルの場合は、そもそもジムなどで同じものを使いまわしていますよね。

それもあって、全く中古品に抵抗を持たれないことは多いんです。

買う方も少しでも安く買えた方が良い

そうして抵抗がないのであれば、買う方だって中古で買うことを意識します。

なぜなら、基本的に中古で買うほうが安く買えるからです。

抵抗があるものだって、安いからと中古で買われることはあります。

なので、抵抗がないものであれば、より中古品の需要は高くなるんです。

ということはつまり、ダンベルをネットオークションやフリマアプリに出品すれば、それは売れるということになります。

お金をもらえて処分できる

そういうところで売るということは、お金をもらえた上で処分ができるということになります。

お金がもらえたうえで処分できるのであれば、それに越したことはないですよね。

粗大ごみとして処分するにしても、不用品回収をお願いするとしても、どっちにしても処分にはお金がかかることがあります。

でも、この方法であればお金がもらえるのですから、その時点で一番お得な処分方法になることは間違いありません。

ただ、その分ちょっと面倒は増えます。

出品するのもまずまず面倒ですし、それが売れたら梱包して発送してとさらに面倒なことが付きまといます。

それが、この方法のデメリットになります。

一番おすすめなのは売るという方法

このように、ダンベルを処分する際の方法には、大きく分けて3つの方法があります。

この3つの中で一番おすすめなのはやっぱり、売るという方法になります。

確かに手間にはなりますし、売るとは言っても、そこまで高い値段で売れるということはそうそうありません。

だから、普通に処分した方が早いことはあります。

でも、どうせならちょっとでもお金をもらえた方が良いことは明確です。

折角お金をかけて買ったものを、またお金をかけて処分するなんていうのは、やっぱりもったいないんです。

だから、多少面倒でも、ネットで売るようにするのがおすすめなのです。

なるべく簡単なものを選べばよい

売ることのデメリットである面倒さを少しでも楽にするためには、なるべく簡単なものを選べばよいです。

実際オークションサイトやフリマアプリには、簡単に出品ができるものも、そしてその後のやり取りがすごく楽にできるものもあります。

逆にやや面倒なものもあるんです。

それならばやはり、少しでも簡単なところで始めた方が良いに決まっています。

そうして簡単なところではじめていけば、デメリットはだいぶ薄まります。

デメリットが薄まるのであれば、それがよりよくなることは明白ですよね。

なので、ダンベルを処分する際には、オークションサイトやフリマアプリを利用することを考えてみてください。

まとめ

燃えないゴミとして処分できるのであれば、それが一番楽なことは確実です。

でも、その場合でも、オークションサイトやフリマアプリでお金をもらって処分するほうが、メリットは大きいです。

なので、たとえその場合でも、ダンベルを処分する際にオークションサイトやフリマアプリを利用するということを検討する価値はあります。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ダンベル