POWERIST

良い事もある?睡眠時に加圧シャツを着ることのメリットって何?

      2019/08/14

金鋼筋トレーニングシャツ 第三世代2017年最新版 腹筋 トレーニング 加圧シャツ (黒L)

一般的には睡眠時には、加圧シャツは抜いだ方が良いと言われることが多いです。

でも、睡眠時に加圧シャツを着ること二は、本当に何もメリットはないのでしょうか?

そんなことはありません。

意外とメリットだってあるものなのです。

ここではそんな、睡眠時に加圧シャツを着ることのメリットについて紹介していきたいと思います。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

代謝が良い状態をキープできる

睡眠時に加圧シャツを着ることのメリットとしてまず挙げられるのは、代謝が良い状態をキープできるということです。

睡眠時には、人は基本的に代謝が悪くなります。

それは、代謝を悪くしてゆっくりと身体を休めるためのことなので、悪い事ではありません。

でも代謝が悪くなると困る人もいるでしょう。

それが、ダイエット中の方です。

ダイエット中の方は、やはりずっと代謝が良い状態がキープされた方が痩せやすくて助かるはずです。

なので、常に代謝が良い状態を求めるはずです。

しかし、寝ている間には代謝が悪くなるのが人間の体なのですから、なかなかそういう状態をキープすることは出来ません。

ですがそこに加圧シャツがあれば、それもかなうようになるのです。

そうなれば、当然その分だけ寝ている間にも汗をかきやすくなったりするでしょう。

それはイコールで痩せやすくなるということに繋がるはずです。

そういうことがあるので、加圧シャツを着て寝るのは、ダイエット中の方にはおすすめできます。

ただし疲れてしまう

ただそうして寝ている間に代謝を良くすることには、難点もあります。

それが、疲れてしまうということです。

寝ている間に代謝が悪くなるのは、ゆっくりと身体を休めるためだと説明してきました。

ゆっくりと身体を休めるために代謝を悪くしているのですから、それを加圧シャツで妨げていたら、その分だけ身体は休めなくなり、疲れてしまうようになると言えます。

そもそもがダイエット目的でその加圧シャツを着ている人であれば、そうして疲れてしまったとしても大したダメージにはならないでしょう。

しかし、もし筋トレ目的で加圧シャツを着ている人がいたらどうでしょうか?

筋トレ目的で加圧シャツを着ているのであれば、やはり疲れてしまうのは良くありません。

筋肉は休ませることで強くなるものですから、それができなくなるのは逆効果になることもあるでしょう。

なので、寝ている間に代謝がよくなるというのは、それがデメリットになる人もいるのだと覚えておくと良いでしょう。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

姿勢が良い状態で寝ることが出来る

加圧シャツを着ることのメリットとして、姿勢を良くすることが出来るというものがあります。

加圧シャツを着ていると、体は方々から締め付けられることになります。

そうして締め付けられるということは、体のバランスを整えることにもつながります。

それはつまり、姿勢が良くなるということです。

そしてそんな姿勢がよくなるという効果は、寝ている時にも起こるものです。

なので、加圧シャツを着て寝ると、睡眠時の姿勢が良くなると言えるのです。

睡眠時の姿勢がよくなるとどうなるか

では、そもそも睡眠時の姿勢が良くなるとどうなるのでしょうか?

睡眠時の姿勢が良くなるとまず、体のゆがみが起こりづらくなると言えるでしょう。

寝ている間に変な姿勢をとっていると、その形に背骨などがゆがんでいってしまう事があります。

それは、最終的に身体全体の歪みにと繋がることです。

たとえばそうして背骨がゆがんでしまうせいで、顔の片方だけがあがっていったりしてしまうのです。

それはやはり目立つものです。

特に最近では、スマートフォンの普及によって、事あるごとに写真を撮るようになっているでしょう。

写真というのは、静止画になりますから、ちょっとした顔のアンバランス感などはすごく目立ちます。

そのため、身体が歪み、顔が歪んでしまっていたら、写真を撮る事が次第に嫌になってしまうでしょう。

そうならないようにするためには、やはり歪みを予防するしかありません。

その為に役立ってくれるのが、加圧シャツなのです。

きつさになれやすくなる

加圧シャツは、身体を締め付けるものになります。

それは言い換えればキツいと言うことです。

キツいシャツを着るのになれている人はあまりいないでしょう。

だから、たとえばソレを着て仕事をしようとすると、そのきつさの違和感のせいで、仕事のパフォーマンスが落ちる可能性が出てくるのです。

仕事中に加圧シャツを着ようが、それは別に個人の自由になるでしょうが、そのせいで仕事のパフォーマンスが落ちてしまうというのであれば、それは話が別になります。

でもやはり加圧シャツで効果を出すのであれば、仕事中に着るのが良いでしょう。

仕事中は、何もしていない時に比べるとはるかに身体の稼働範囲は大きくなるでしょう。

つまり、それだけ運動効果が高くなるのです。

締め付けられて動きづらい中でそういう風にたくさん動くからこそ、加圧シャツは効果が出るのに、それができなくなるのは勿体ないです。

ですから一番良いのは、加圧シャツのキツさになれることです。

ではどうすればそのきつさに慣れるかと言うと、それにはやはり加圧シャツを長い間着続けるしかないでしょう。

その為に役立つのが、寝ている間の時間なのです。

寝ている時に着ていればそれが普通になる

もし、寝る時にも加圧シャツを着ていれば、加圧シャツを着ている状態が普通の状態になるでしょう。

なぜなら、そうして寝る時にも着ていれば、そもそも加圧シャツを脱ぐのがお風呂の時くらいになるからです。

ほとんどの時間、加圧シャツを着て過ごしていれば、それが普通になるのも当然です。

そうして加圧シャツを着ている状態が普通の状態になれば、当然きつさを感じることもなくなっていきます。

寝ている間の運動効果もある

また寝る時に加圧シャツを着て寝ていれば、当然寝ている間の運動効果をアップしてくれる効果もあると言えるでしょう。

加圧シャツは、先述の通り締め付けている中で身体を動かすことにより運動効果をあげてくれるものです。

その効果をしっかりと感じるためには、よく動くであろう仕事中にきたり、あるいはトレーニング中に着たりするのが良いということになりますが、寝ている間だって意外と動くものです。

なぜなら、寝ている間には人はかなりの数の寝返りをしますから。

その寝返りの際には、やはり上半身はすごく使うことになるでしょう。

だから、そこでの運動効果があがるというのは意外と効果的な事なのです。

よりダイエットに繋がる

それはやはり、ダイエット目的で加圧シャツを着ている人に嬉しいメリットだと言えるでしょう。

トレーニング目的の場合は、先述の通りに休息も必要になりますが、ダイエット目的の場合は、消費カロリーは常に高い方が良いと言えるでしょう。

だから寝ている間の運動効果が上がるという事もすごくうれしいことなのです。

いち早くダイエットをしていきたいと思うのであれば、寝ている間にも加圧シャツを着てみると良いでしょう。

ただ、もちろん疲れが取れなくてしんどい場合はそれはやめるべきなので、その点は頭に入れておいてください。

まとめ

加圧シャツを寝る時に着るメリットは、以上の通りになります。

主にそのメリットは、ダイエット目的で加圧シャツを着ている人に効果的なものになります。

トレーニング目的の人にとっては、やはり常設通りそこまで大きなメリットはないでしょう。

歪みづらくなるなどのメリットならばありますが、それは注意次第でもなんとかなりますから、やはり睡眠時に加圧シャツを着るのは、ダイエット目的の人に向いていると言えます。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 加圧シャツ