POWERIST

着用時にかゆみが出るのはどうして?加圧シャツを快適に着用する方法

      2019/04/16

加圧シャツは適度な圧を加えながら身体に働きかけることから、男女問わず体型を整えたい方に人気があります。

ところが、加圧シャツを着用すると皮膚がかゆくなることにお悩みの方がいます。

加圧シャツは毎日の中で継続的に着用することで加圧シャツならではの働きを期待できるのですが、どうすれば快適に着用できるのでしょうか。

ここでは、着用時のかゆみの原因や加圧シャツを快適に着用する方法をご紹介したいと思います。

加圧シャツ着用時のかゆみの原因

必要以上に身体を締めつけている

加圧シャツは着用時に身体に適度な圧をかけるアイテムですが、サイズが小さく自分の体型に合っていないものを着用すると必要以上に身体を締めつけて皮膚にかゆみが出ることがあります。

特に加圧シャツは上半身の広い範囲に圧をかけるので、かゆみをそのまま放置していると皮膚の赤味が広がる可能性もあるので注意が必要です。

同じ加圧シャツを続けて着用している

加圧シャツは生地の特徴から身体に密着するので、気づかないうちに汗や皮脂を吸収していることがあります。

冬でも暖房が効いた部屋で加圧シャツを着ていると汗をかくことがあるので油断は禁物です。

汗をかいていると気づかずに同じ加圧シャツを続けて着用していると、皮膚に影響を与えてかゆみが生じることがあります。

通気性が良くない加圧シャツを着ている

加圧シャツは身体に適度な圧をかけるために伸縮性の高いスパンデックス繊維が使用されていますが、この繊維の割合が多いほど圧をかける働きを期待することができます。

スパンデックス繊維だけで作られているわけではなく、綿など別の繊維と組み合わせて作られていますが中には通気性の悪い加圧シャツもあります。

通気性が悪いとムレやすく肌にかゆみが出やすくなり、皮膚が炎症を起こす可能性もあるので注意が必要です。

肌が乾燥することで刺激を感じやすくなっている

空気が乾燥する季節は誰でも肌が乾燥してしまうことがあります。

もともと肌が乾燥しやすい方は冬になるとますます乾燥してしまい、外部の刺激に弱くなってしまうことがあります。

加圧シャツは継続的な着用が必要なアイテムですが、肌が乾燥している状態で着用すると皮膚がかゆくなることがあります。

特に加圧シャツは身体にフィットする素材でできているので、かゆみを我慢しながら着用を続けていると皮膚に赤味が生じることがあります。

加圧シャツを快適に着用する方法

自分の体型にジャストサイズのものを着用する

身体のどこかにかゆみが出ると1日中気になってストレスになってしまいます。

加圧シャツは継続的に着用することで独自の働きを期待できますが、選ぶ時には自分の体型に合うジャストサイズのものを選ぶことが大切なのです。

加圧シャツメーカーの公式サイトには詳しいサイズが記載されているので、S・M・Lなど自分の体型にジャストサイズのものを選ぶことができます。

加圧シャツはあくまでも適度に圧を加えることがポイントなので、大きすぎても小さすぎても加圧シャツの働きをうまく発揮できません。

自分の体型にジャストサイズの加圧シャツを選ぶことで快適に着用するための対策がとれます。

加圧シャツを複数枚購入してこまめに着替える

加圧シャツは毎日着用することが大切ですが、身体に密着する素材でできているので汗や皮脂で汚れやすいです。

いつでも清潔に着用するには、自分の体型に合った加圧シャツを複数枚購入しておくと良いでしょう。

そして、汗をあまりかかない季節なら1日1回着替えるようにして、汗や皮脂で汚れやすい季節には1日2~3回こまめに着替えるようにすれば加圧シャツをいつでも快適に着用することができます。

季節に合わせて通気性が良いものを着用する

季節によって汗をかく量に大きな違いがありますが、汗を吸収した衣類を身につけていると皮膚がムレてかゆくなってしまうことがあります。

冬は保温性を重視して体温をキープしやすい加圧シャツがおすすめですが、夏は通気性が良いものを選んで皮膚がムレないように気をつけることが大切です。

季節に合わせた素材で作られた加圧シャツを柔軟に取り入れることで、快適に着用することができます。

肌が乾燥している時は十分に保湿して着用する

空気の乾燥や肌の潤い不足で皮膚にかゆみが生じることがあります。

肌が乾燥していると衣類をはじめとする外部の刺激に弱くなってしまうので、加圧シャツが密着している部分にかゆみが出ることがあります。

乾燥が原因でかゆみが生じる場合には、まずは肌を十分に保湿することが大切です。

保湿成分配合のローションをのばしたり保湿クリームで肌の水分の維持をサポートするなど、肌を整えた上で加圧シャツを着用すると良いでしょう。

加圧シャツ着用時にかゆみが出た時の注意点

加圧シャツのサイズが合っているか確認する

加圧シャツを着てすぐにかゆみが生じる場合には、加圧シャツのサイズが合っているか確認するようにしましょう。

サイズが合っていない加圧シャツは速やかに着用を中止して、自分の体型に合うサイズの加圧シャツを選び直しましょう。

加圧シャツに洗剤成分が残っていないか確認する

加圧シャツはこまめに洗濯することが大切ですが、すすぎが十分でない場合に生地に残っている洗剤成分が肌に影響を与えることがあります。

加圧シャツを着用する時には皮膚に直接触れるシャツの内側を見て、洗剤成分が残っていないか確認しましょう。

洗濯する時には十分にすすぎをして、安心して着用できるようにしておくことをおすすめします。

かゆみがなくならない場合には着用しない

加圧シャツを着用する時にあらゆる方法で対策をとったとしてもかゆみがなくならない場合には、しばらく着用を中止して皮膚の様子を見るようにしましょう。

無理に着用するとかゆみが酷くなったり皮膚が炎症を起こす原因となってしまいます。

かゆみが酷くなった場合には皮膚科を受診する

かゆみが酷くなり蕁麻疹のような症状が出る場合には加圧シャツの着用を中止するだけではなく、皮膚科を受診することをおすすめします。

肌の乾燥や外部の刺激など様々な理由が相俟って皮膚にかゆみが生じるので、根本的な原因を突き止めることが大切です。

医師に相談した上で適切な治療を始めるようにしましょう。

加圧シャツは快適に着用することが大切

加圧シャツは着用するだけで手軽に身体に圧をかけることができるので、継続的に着用している方もいますが、かゆみなどの不快な症状が出る時には速やかに着用を中止することが大切です。

加圧シャツは季節に合った素材・自分の体型に合うサイズ・清潔さを保つなどのポイントを押さえて快適に着用することが大切です。

品質が良い加圧シャツの中には、まとめて購入するほど価格が安くなるものもあるので清潔さを保つための対策としてまとめ買いするのも良いでしょう。

人にとって着心地が良い加圧シャツでも自分からすると着心地が悪く感じるものもあるので、購入してすぐに着用してみて万が一着心地が良くない場合には、返品か交換をするようにしましょう。

継続的な着用が必要な加圧シャツは、無理をしないことが重要なポイントなのです。

まとめ

加圧シャツを着用した時にかゆみを感じることがありますが、加圧シャツが原因なのか皮膚のコンデションが原因なのか分からない場合があります。

そんな時は、かゆみが酷くなる前に皮膚科を受診することで原因に合わせたかゆみの治療をすることができます。

ストレスなく加圧シャツを着用するためにも、皮膚のコンデションを整えた上で自分に最適な加圧シャツを選ぶようにしましょう。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 加圧シャツ