POWERIST

無理なく痩せる!?ダンベルダイエットの方法と嬉しい効果とは?

      2019/06/16

筋肉トレーニングしている方の多くはダンベルを使用しています。

それは、ダンベルによって筋肉に負荷をかけることができ、筋トレに効果的だからです。

そんなダンベルはダイエットにも使用できます。

ここでは、ダンベルダイエットの効果や方法などを説明していくので、特にダンベルダイエットに興味のある女性は、ぜひご覧ください。

私が絶対おすすめするダンベルランキングはこちら

スポンサーリンク

そもそもダンベルダイエットとは

そもそもダンベルダイエットとは、その名の通りダンベルを使用して筋肉トレをし、筋肉をつけることで身体を引き締め痩せるダイエット方法です。

筋肉がつくことで代謝は良くなり、基礎代謝はアップするので、高いダイエット効果を期待することができます。

食事制限ダイエットのように、過度に食事を制限したりする必要はないため、食べ物によるストレスは溜まりにくくなります。

また、食べ過ぎや栄養面にだけ注意すれば良いので、健康的に痩せることができます。

ダンベルダイエットは、ダンベルを上げたり下げたりして筋肉を鍛えるため、誰でも簡単に行うことができます。

そして、自宅にダンベルがあればスポーツジムに通う必要はなく、自宅で気軽に筋トレをすることができ、ちょっとした隙間時間に行うことも可能です。

ペットボトルでも可能

ダンベルダイエットはダンベルでやるのが基本ですが、ペットボトルでも行うことができます。

ペットボトルを使う場合は、飲み終わったものに水を入れて使用すると良いでしょう。

ペットボトルの飲み物は多くの家庭の冷蔵庫にあるため、簡単に手に入ることができます。

また、スーパーやコンビニなどでも簡単に手に入れることができ、2本用意しておくと良いでしょう。

ペットボトルは持ちやすい形状をしており、水を入れることで重くなるため、ダンベルの代わりとして使用することができます。

そのため、ダンベルを持っていない方は、ペットボトルを使うことをおすすめします。

また、旅先などでダンベルでのトレーニングをしたくなった時も、ペットボトルを使うと良いです。

私が絶対おすすめするダンベルランキングはこちら

スポンサーリンク

ダンベルダイエットの効果とは

自宅で簡単に行うことができるダンベルダイエット。

簡単にできることは、続けやすいことにも繋がります。

ダイエットは長い期間続けることによって、効果を得ることができます。

ダンベルでのトレーニングはダイエットに最適ですが、具体的にはどのような効果を期待することができるのでしょうか?

筋肉量が増えることで基礎代謝がアップする

ダンベルでトレーニングをすると、筋肉量が増えて血流は良くなり、新陳代謝はアップします。

そうすると当然基礎代謝もアップし、以前よりも太りにくく痩せやすくなります。

つまり、長い目でみれば、ダンベルでのトレーニングはダイエットには効果的なのです。

また、軽めのダンベルで比較的長い時間行うことにより、有酸素運動の要素も取り入れることができ、脂肪を効率的に燃焼することもできます。

ダンベルダイエットは脂肪を燃焼し、基礎代謝がアップする効果を期待することができるため、ダイエットには最適と言えます。

全身色々な部分を鍛えることができる

ダンベルを使用すると、腕や太腿、お腹や背中、お尻など全身色々な部分を鍛えることができます。

そのことにより、体幹を鍛えることもでき、体幹が鍛えられるとバランス感覚や姿勢が良くなります。

姿勢が良くなると血液の流れは良くなるため、代謝は上がり、ダイエットに役立ちます。

また、凄く重いダンベルを使用する必要はなく、軽いダンベルで十分なため、女性でも簡単に行うことができます。

美肌効果も期待できる

ダンベルトレーニングで肌が綺麗になることに疑問を持つ方もいるかと思いますが、筋肉トレーニングは筋肉を強くするだけでなく美肌効果も期待することができます。

では、なぜ美肌効果を期待することができるのかというと、筋肉トレーニングには成長ホルモンの分泌を促進させる作用があるためです。

成長ホルモンは主に眠っている間に多く分泌され、身体の成長や修復などを行いますが、成長ホルモンには皮膚の代謝を高める作用もあります。

そのため、ダンベルダイエットでも美肌効果を期待することができるという訳です。

軽い負荷なら脚や腕が太くなりすぎることはない

「ダンベルでトレーニングしたら、脚や腕が太くなりすぎたり、ムキムキになったりするのでは?」などと思う方もいるかと思います。

ですが、そのような心配をする必要はありません。

ボディービルダーやスポーツ選手などは、何十キロというとても重いダンベルやバーベルなどを使い、かなり強い負荷を身体にかけてトレーニングをしています。

そして、プロテインなどでしっかりタンパク質などを摂取しています。

そのため、ボディービルダーなどは、太くて強いムキムキの筋肉をしています。

しかし、ダンベルダイエットの場合は、重すぎるダンベルを使う必要はなく、比較的軽い500gや1kgのダンベルで十分です。

そのような重さのダンベルで何十分トレーニングをしても負荷が軽いため、筋肉が太くなりすぎることはなく、ムキムキになることはありません。

ダンベルダイエットのやり方

では、ダンベルダイエットのやり方を説明していきます。

ダンベルの重さは軽くて良く、女性は500gか1kgのものを使用しましょう。

場合によっては、2kgのものでもかまいません。

多くの人が知っているダンベルカール

ダンベルカールはとても簡単なダンベルトレーニングで、知っている方は多くいます。

ダンベルカールは腕全体を鍛えることができますが、主に力こぶができる上腕二頭筋が鍛えられます。

やり方はとても簡単で、立った状態でダンベルを持ち、肘を曲げて伸ばすだけです。

その際、肘は伸ばし切らないようにし、肘が動かないように固定するようにし、背すじをまっすぐ伸ばすことが大切です。

お腹周りを引き締めるダンベルトレーニング

ダンベルトレーニングでお腹周りを引き締める方法は、まず床に座って膝を立てます。

そして、両手にダンベルを持ち、ゆっくりと上半身をある程度後ろに倒し、その状態を維持します。

次に、上半身を起こしながら右手で左足の外側(くるぶし辺り)を触り、元に戻ります(上半身を再び後ろにある程度倒します)。

今度は、上半身を起こしながら、左手で右足の外側(くるぶし辺り)を触り、元に戻ります。

それらを交互に繰り返して行いましょう。

下半身を鍛えるダンベルトレーニング

このダンベルトレーニングも、とても簡単です。

ダンベルを持っている状態でスクワットするだけです。

まずは、ダンベルを1つ両手で持ち、立った状態で肩幅に足を広げます。

そして、イスに座るような感じで膝を曲げ、お尻を下げます。

床と太腿が平行になるまで膝を曲げ、その後ゆっくりと立ち上がります。

三角筋が鍛えられるダンベルトレーニング

肩辺りの筋肉を鍛えることができるトレーニングで、「ショルダープレス」と言います。

まずはダンベルを両手に持って、イスに座ります。

ダンベルを持った手が耳の高さにくるようにし、肘を伸ばして頭の上までゆっくりダンベルを上げます。

そして、ゆっくり肘を曲げてダンベルを元の位置まで戻します。

それらの動作を繰り返し行いますが、肘は伸ばし切らないようにしてください。

まとめ

以上、紹介した以外にもダンベルトレーニングの種類はあり、色々な種類のダンベルトレーニングをすると良いです。

ダンベルを使う時は、下に落とさないように十分注意してください。

足の上に落ちると、骨折など大きな怪我をする恐れがあり、床に落ちると床を傷めてしまいます。

ダンベルダイエットは、毎日続けることにより身体は引き締まっていき、筋肉量は増えていきます。

そして、基礎代謝は上がっていくので、少しずつでも良いので続けていきましょう。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ダンベル