POWERIST

悪いこともあるの?ダンベルを通販で買う際のメリットとデメリット

      2019/06/22

ダンベルを買う際には、どこでそれを買えばいいのか迷うものです。

お店で買うべきなのか、それともネットショップで買うべきなのか。

実際ダンベルを買う際には、ネットショップで買っている人が多いです。

やはりそれにはメリットがたくさんありますから。

でも、それにはデメリットもあるんです。

ここではそんな、ネットショップでダンベルを買う際のメリットとデメリットを見ていきます。

持ち帰る手間が省けるのが最大のメリット

ダンベルをネットショップで買うことの最大のメリットは、それを買って持ち帰る手間が省けるということです。

ダンベルを買って持って帰るということは20キロくらいの重りをずっと持って移動しないとならないということになります。

それはやっぱり、すごくつかれます。

確かに車があれば、その面倒は多少楽にはなりますが、それでもたとえば車までの移動もそうですし、車を降りてからの移動もそうです。

エレベーターのないマンションなどの場合には、上まで運ぶのも当然一苦労になる。

でもネットショップでダンベルを買えば、家で待っているだけでダンベルが家に届くんです。

なんの苦労もなくそれを手に入れることができます。

それは何よりのメリットです。

買い物はそれだけで終わらないことも多い

そもそも完全にダンベルだけを買いに行くのであれば、外で買うのもありではあるでしょう。

確かに重たくて持ち帰るのが大変ではありますが、それだけを目当てに着ているのであれば、なんとか大丈夫なことが多いです。

でも、買い物は普通それだけでは終わらないものです。

だから、ダンベルを買った後でも、まだほかに買い物をしないとならないことが出てきます。

たとえば、友達の買い物に付き合ったりすると、そのダンベルを持って移動しないとならないことも出てきます。

結果すごく疲れるようになるんです。

いったん車にそれを置きに行ったとしても、そこから人の買い物に付き合っている間に、体力は消耗します。

買い物は、ただそれをしているだけでも多少疲れるものですから。

そうしてそれで疲れていたら、当然家に着いた時にまたダンベルを運ぶのに嫌気がさします。

それが嫌で、ネットショップでダンベルを買う人が多いのです。

ネットで買う方が安いことが多い

ネットショップでダンベルを買うことのメリットとして、その方が安いことが多いということも挙げられます。

ネットショップは、基本的に何を買うにしても安いことが多いです。

それは、ダンベルであっても変わりはありません。

だから、店で買うよりもネットショップで買う方がダンベルを安くことができるんです。

その割引率はモノによってまちまちではありますが、時に大きな差になっていることもあります。

どうせ買うならば誰だって同じものを安く買いたいと思うものです。

だから、ネットショップでダンベルを買うのが人気だということもあります。

交通費などもかからなくなる

また、ネットショップでは、送料無料なところもあります。

そういうところでダンベルを買えば、ただでさえ多少安いダンベル代以外に、料金はかからなくなります。

でもお店にダンベルを買いに行くとなると、交通費がかかります。

たとえ車で行ったとしても、ガソリン代などの交通費はかかるんです。

場所によっては、駐車場代もかかるかもしれません。

それを抑えることができるのですから、やはりネットショップでダンベルを買う方がお得になることが多いです。

もしお得にダンベルを買いたいのであれば、ネットショップで買うのがおすすめです。

デメリットは重さのイメージがつかないこと

これは特に初めてダンベルを買うという時にそうなのですが、ネットショップで、このダンベルは何キロから何キロですと書かれていても、その重さのイメージが付きづらいのです。

だからネットショップで買う場合、買ったあげく軽すぎたり重すぎたりして、全然使わないという可能性が出てきます。

それが、ネットショップでダンベルを買う際のデメリットになります。

店頭であれば体で確認できる

対してこれが店頭であれば、しっかりと体で確認することができます。

体で確認することができれば、まずそれが重すぎたり軽すぎたりするということはなくなります。

ちょうどよい重さのダンベルを使用することができるんです。

それは店頭で買うことならではのメリットになります。

ダンベルを持っている人にはあまり問題にならない

このデメリットは、確かにダンベルを初めて買う人にとっては、大きなデメリットになります。

せっかく買ったの軽すぎたり重すぎたりして使えなかったりしたら、たとえそれを多少安く買うことができたところでなんの意味もなくなってしまいます。

でも、すでに家にダンベルがある人にとっては、これは大したデメリットにはならないこともあるんです。

家にすでにダンベルがあるということは、だいたいどのくらいのダンベルであればどのくらいの負荷がかかり、そして自分はどのくらいまでそれに耐えることができるのかということを把握できているはずです。

だから、別に改めて手で持ってみる必要はないんです。

確かに、メーカーによって多少重さには違いがあったり、ダンベルの種類によって、重さのかかり方に違いがあったりするので、全く問題にならないというわけではありません。

でも少なくとも、一つダンベルを持っている人であれば、重たすぎて使えないとか、軽すぎて役に立たないという事態になることはありません。

だからそこまで気にする必要はありません。

持ちやすさがわからない

もう一つ、ネットショップでダンベルを買うことにはデメリットがあります。

それが、持ちやすさがわからないという点です。

ネットショップでダンベルを買うということは、当然それが届くまではそれの実物に触れることはないわけです。

ダンベルには、自分の手に合った持ちやすいものと、いまいち持ちづらくて力が入りづらいものがあるものなのです。

もしネットショップで買って、いざ届いてみたら持ちづらいものだったらどうでしょうか?

あまりそれを利用してトレーニングをする気はしないでしょう。

だから、持ちやすさがわからないというのも、また、大きなデメリットなんです。

ダンベルごとに違うから持っていても意味がない

そしてこれは、たとえばダンベルを今すでに持っている人であったとしても、デメリットになります。

こうした持ちやすさというのは、ダンベルごとに違うものなのです。

だからたとえすでにダンベルを持っていたところで、これから買うダンベルが持ちやすいかどうかは全くわかりません。

等しく博打になってしまうんです。

ただこのデメリットを解消する方法もあります。

返品可能なところで買うこと

それは単純ですが、返品可能なところで買うということです。

返品ができれば、多少持ちづらいものを妥協して使用するということはなくなります。

家にいながらにして、しっかりと自分に合うものを選ぶことができるようになるんです。

ただ、返品は面倒ですし、返品送料もかかります。

だから、完全にデメリットが解消されるというわけではありません。

まとめ

ダンベルをネットショップで買うことには、お財布の面や買い物の楽さの面でお得さがあります。

対してリアルで買うことには、失敗しないという点で良さがあります。

このどちらを取るのかは、やはり人それぞれにはなりますが、面倒くさがりな人は逆にリアル店舗で買った方がいいかもしれません。

ネットショップの返品は地味に面倒ですから。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ダンベル