POWERIST

加圧シャツを着てかゆくなるときの対処法は? 試したい4つのポイント

      2019/08/14

加圧シャツは、ウエストを絞ったり、姿勢を矯正したりできる便利なアイテムですが、着用時は、デメリットを感じることもあります。

それは、着ているうちに、体がかゆくなってくることです。

加圧シャツの効果を得るには、少し着てすぐにやめるのではなく、ある程度は継続しなければなりません。

そのためには、かゆみを防ぐ対策が必要になります。

では、加圧シャツで体がかゆくなるときの対処法について、詳しく説明していきましょう。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

サイズを変える

加圧シャツを着ていて体がかゆくなるときは、サイズが合っていない可能性があります。

サイズが合っていないといっても、大きすぎる場合と小さすぎる場合がありますが、ここで問題なるのは、必要以上に小さいサイズの方です。

加圧シャツは、体を締めつけることで、さまざまなメリットをもたらしてくれます。

そのため、商品を選ぶときは、ぴったりとフィットすることを優先して、あえて小さめのサイズを選びたくなりますが、小さすぎるものは体によくありません。

あまりに小さいと、皮膚に無駄な摩擦が生まれることになります。

通常よりも摩擦が多い状態だと、どうしても体のかゆみを感じやすくなってしまい、快適に使うことができなくなるのです。

したがって、サイズを決めるときは、慎重に考えなければなりません。

むやみに小さいサイズを選ぶのではなく、きちんと自分の体に合わせるようにしましょう。

サイズを大きくしよう

サイズの選択を誤ってしまい、きつすぎる商品を購入していた場合は、体のかゆみを感じやすくなります。

もしかゆみが出てくるようなら、無理に使い続けたりせず、ひとつ大きいサイズに買い替えるようにしましょう。

我慢して使っていても、よいことはありません。

かゆみのために皮膚を傷つけてしまったり、ストレスで使うことをやめてしまったりするのです。

それを回避するためには、早めにサイズを変更してください。

体に合った適切なサイズを使っていれば、かゆみが出ることは少なくなります。

それなら、体に負担をかけることはなく、しっかりと継続することができるのです。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

清潔なものを使う

加圧シャツは、長時間の着用が可能な商品です。

あまり詳しくない人からは、「締めつける感じが苦しそう」と思われることもありますが、きつすぎる商品を使ったりしない限り、苦しさを感じたりはしません。

また、優れた伸縮性をもっているため、体の動きを妨げるようなこともないのです。

そのため、「24時間着用可能」とアピールしている商品も多く、いつでも快適に使うことができます。

ただし、長く着用していれば、それだけ汚れも多くなってきます。

そして、加圧シャツの汚れは、かゆみの原因になってしまうことが多いのです。

大量の汗をかいたままだと、あせもができてしまい、強いかゆみを感じるようになります。

また、汗や皮脂を含んだ生地で雑菌が繁殖してしまうと、それが皮膚に悪影響を与えてしまうこともあるのです。

そうした汚れによるかゆみを防ぐためには、加圧シャツをいつも清潔に保つ必要があります。

同じものを着続けない

加圧シャツは、24時間いつでも快適に着用できるものですが、だからといって、洗わずに使い続けてはいけません。

皮膚への負担を減らしてかゆみを抑えるためには、1日使ったらきちんと洗い、常に清潔な状態にしておくことが大切なのです。

また、大量に汗をかくようなら、1日のうちに2着使用するようにしましょう。

例えば、午前中に運動してたっぷり汗をかいたときは、それを放置するのではなく、別のものに交換してください。

そのとき、体の汗もしっかり拭き取っておけば、あせもができる心配はありません。

汗まみれの加圧シャツを着続けていると、かゆみだけでなく、嫌な臭いがしてきたり、風邪をひいたりする可能性もあるので、清潔の維持は常に意識していきましょう。

寝るときは発汗が多い

加圧シャツは、きつすぎないサイズを使っていれば、寝ている間も着ることができます。

使う時間が長ければ、それだけ高い効果が期待できるのです。

ただし、一晩使ったあとは、必ず交換するようにしてください。

というのも、人間の体は、寝ている間に意外なほど汗をかいてしまうためです。

寝ているときは動きが少ないため、一見すると発汗は少ないように思えますが、一晩でかく汗の量は、コップ1杯分にもなります。

それだけの汗をかいたあと、普通に同じ加圧シャツを着ていたのでは、かゆみの対策にはなりません。

かゆみを防いでストレスなく着るためには、「汗をかいたら交換する」という基本をしっかり守ってください。

複数の加圧シャツを用意する

加圧シャツを交換しながら使うためには、1枚だけではなく、複数購入しておく必要があります。

汚れたものを脱いでも、他に加圧シャツがなければ、洗濯して乾燥するまでの間は使うことができません。

加圧シャツは速乾性が高いので、通常の洗濯物よりも乾きやすくなっているとはいえ、せっかく24時間使えるのに、待ち時間ができてしまうのはもったいないことです。

なるべく長く、なおかつ清潔に着続けるためには、ぜひ替えを用意しておくことをおすすめします。

それなら、すぐに別の加圧シャツを着ることができるため、時間を無駄にすることはありません。

肌を乾燥させない

加圧シャツを着るときは、肌の乾燥も重要なポイントになります。

乾燥した肌に、加圧シャツがぴったりフィットすると、摩擦でかゆくなることが多いのです。

この場合、サイズが適切なものであっても、かゆみを抑えることはできません。

乾燥した状態だと、強すぎる締めつけがなかくても、肌に密着しているというだけで、かゆみを感じやすくなってしまいます。

これを防ぐためには、肌を乾燥させないための工夫をしていきましょう。

保湿しながら使う

加圧シャツを着るときは、保湿効果の高い乳液やクリームなどを塗って、乾燥を軽減するようにしてください。

そうした商品を利用すれば、肌に適度な潤いを与えることができるため、加圧シャツがぴったりフィットしていても、かゆみを感じにくくなります。

乾燥しやすい冬は、特に注意が必要なので、こまめに保湿を行うようにしましょう。

また、乾燥肌の原因としては、極端な睡眠不足や偏った食事など、生活習慣の乱れもあります。

加圧シャツをストレスなく使うためには、常に健康的な生活を心がけることも大切なのです。

別の商品を使う

加圧シャツを使うときは、自分の体に合った商品を選択し、いつも清潔にして乾燥を防いでいれば、かゆみを抑えることができます。

しかし、それらの対策を行っているにもかかわらず、どうしてもかゆみを解消できないときは、別の原因を疑わなければなりません。

他の原因としては、「生地が自分の皮膚に合わない」ということが考えられます。

加圧シャツと一口にいっても、その種類はさまざまであり、中には自分の体に合わない商品があったりするものです。

特に、極端に低品質なものは、吸水性の悪い生地や、伸縮性のない生地になっていることが多いので、皮膚への負担が大きくなってしまいます。

そんなときは、思いきって別の商品を購入するようにしましょう。

また、あまりに安い商品だと、品質が犠牲になっている可能性が高いので、「激安」などの過剰な広告を鵜呑みにしないことも大切です。

まとめ

加圧シャツの効果を得るためには、「快適に着用できる」ということが、とても重要なポイントになります。

かゆみを強く感じるようでは、どんなに優れた効果をもった商品でも、使い続けることができません。

しかし、気持ちよく着用できるものなら、しっかり継続して、正しい効果を得ることができるのです。

ここで紹介した対処法を参考にして、加圧シャツを上手に使っていきましょう。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 加圧シャツ