POWERIST

加圧シャツを着ている時にはどんなトレーニングをするべき?

      2019/08/14

加圧シャツは、着ているだけでもそれなりの効果が期待できるアイテムになります。

でも、期待できる効果はダイエット効果だったり、姿勢矯正の効果だったり、そこまで筋肉を強化するような効果ではありません。

筋肉を強化したいのであれば、やはり加圧シャツを着てさらにトレーニングをしないとなりません。

では、その際にはどんなトレーニングをするのが正解になるのでしょうか?

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

まず上半身のトレーニングであることがポイント

加圧シャツは、上半身しかカバーされていません。

だから、下半身を鍛えても、あまり加圧シャツの効果を発揮させていることにはなりません。

もちろん、下半身を鍛えていくことによって下半身の筋肉は鍛えられていきます。

しかし、別にそれは加圧シャツを着ていても着ていなくても同じことなのです。

それでは加圧シャツを着ている意味がなくなってしまいます。

そうなってはもったいないので、加圧シャツを着ている際のトレーニングは、上半身を鍛えることができるトレーニングでないとなりません。

そもそも加圧シャツを着ている時点で、基本的には上半身を鍛えることを目指していることでしょう。

なのでやはり、上半身を鍛えていくべきなのです。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

上半身の広い範囲の筋肉が動かせるもの

加圧シャツを着ている時のトレーニング方法としては、やはり広い範囲の筋肉が動かせるものがおすすめになります。

たとえば、アームカールのように、上腕二頭筋ばかり使うようなトレーニングだと、いまいち加圧シャツの効果は活きてきません。

加圧シャツの効果を発揮させるためには、腹筋も使えば背筋も使うし、大胸筋も使うというように、身体のいろいろなところの筋肉を使うトレーニングをするべきなのです。

そうすることによって効率よく筋肉を肥大化させていくことができます。

せっかく、加圧されることによって運動効果が高まっているのに、その状態で動かさない筋肉が出てきてしまうとなると、それはすごくもったいないですし、非効率的になります。

そんな風に非効率的にならないようにするためには、やはり広い範囲の筋肉を動かしていけるトレーニングをしていくべきなのです。

毎日できるものでもあるべき

加圧シャツを着ている時にトレーニング方法は、毎日できるものでもあるべきになります。

加圧シャツは、基本的に毎日着るものになります。

毎日それを着るということは、当然トレーニングも毎日するべきなのです。

でも、トレーニングの中には毎日できないようなものもあります。

ハードなトレーニングは避けるべき

それが、ハードなトレーニングです。

たとえばマシーンをガシガシ使っていくようなハードなトレーニングは、どうしてもあまり毎日続けるのは厳しいのです。

それを毎日続けようとすると、筋肉が疲れている状態でまたさらにハードなトレーニングをしていくことになります。

そうすると、かけられる負荷も減ってきてしまいますし、筋肉の回復時間もなくなるので、あまり筋肉は成長していかなくなってしまいます。

つまり、ただ辛いだけになってしまうのです。

そうならないようにするためにも、ハードなトレーニングは避けて毎日できるようなレベルのトレーニングをしていくべきです。

おすすめのトレーニングはシンプルに腕立て

では実際、加圧シャツを着ている際のトレーニング方法としては、どんなものがおすすめになるでしょうか?

まず最初に挙げられるのは、シンプルな腕立て伏せです。

腕立て伏せは、すごくシンプルで、誰もが一度はやったことがあるような、基礎の基礎の筋トレになります。

でもそんな基礎の基礎の筋トレである腕立て伏せは、身体の広いところを鍛えることができる筋トレになります。

また、毎日できないようなハードな筋トレでもありません。

そして当然上半身のトレーニングになります。

だから、加圧シャツを着ている時のトレーニング方法としてすごくぴったりになるのです。

腹筋から胸肩腕まで幅広く

腕立て伏せは、名前的に腕の筋トレだと思っている方も多いです。

確かに、やりようによっては腕の筋トレにはなります。

でも基本的に腕立て伏せというのは、腹筋や胸、そして肩腕など、幅広い範囲の筋肉を使うトレーニングだったのです。

加圧シャツを着ている時に重点的に鍛えるべきは、上半身の中でもちょうどその腹筋や胸のあたりになります。

なぜなら、腕のあたりは加圧シャツが途中で終わっていることも多いからです。

基本的に加圧シャツは半そでですから、加圧シャツを着ていても、しっかりと腕を覆えないのです。

でも、腹筋や肩や胸、そのあたりであればしっかりと覆われています。

だから、より効果的に鍛えることができるのです。

そこを鍛えることができるということで、腕立てがおすすめなのです。

手は広く開いてゆっくり行う

腕立てのやり方は、手を広く開いて行うやり方になります。

手を、肩幅よりもちょっと広い位置くらいについて、じっくりと身体を下げて、そして下の方でとまり、またじっくりと時間をかけてあげるようにしていってください。

肩幅よりも手を広く開くことで、より胸に効かせることができるような腕立てになりますし、こうしてじっくりと時間をかけて行うことによって、ただの腕立て伏せの負荷がぐっと上がっていき、良い塩梅で筋肉を鍛えることができるようになります。

なので是非腕立てをする際には手を広く開いて、じっくりと行っていってください。

プランクもおすすめのトレーニング方法

加圧シャツを着ている時にするべきトレーニング方法として、プランクというトレーニング方法もあります。

プランクというトレーニング方法は、4つん這いになり、肩の下あたりに肘をついて、そのまま膝を持ち上げていき、あたまから足の先までがゆるやかな斜めの一直線になるようにします。

そうすると、腹筋や背筋、そして肩の筋肉など、これまた幅広い範囲の筋肉を鍛えていくことができるようになります。

また、プランクくらいのトレーニングであれば、腕立て同様に毎日続けることも問題なく可能です。

そしてこれも当然上半身を鍛えるトレーニングです。

なので、是非プランクを行っていってください。

プランクは1分くらいが目安

プランクには、腕立てのようにこういう風に気を付けて行っていくというような注意点はあまりありません。

しいていうのであれば、身体があまり「へ」こういう形にならないようにするということくらいです。

への時のようになってしまうと、腹筋に効かせることができなくなってしまいますから。

時間的には1分くらいを目安にするのがおすすめです。

勿論これは、その人の能力次第ではあります。

1分では簡単すぎるという方もいますし、逆に1分もできるわけないという方もいます。

もし1分できないのであれば、1分やることを目安にやってみてください。

もしいますでに1分が余裕だという場合には、2分。

2分が余裕ならば3分と、少しずつ時間を伸ばしていくと良いです。

そうして時間を伸ばしていけば、気が付いたらしっかりと割れている腹筋が手に入っていたりするものです。

まとめ

加圧シャツを着る際には、上半身のトレーニングで、かつ毎日できるようなハードすぎないような、上半身の広い筋肉を動かせるトレーニングをしていくのが正解になります。

そしてその筆頭としてあげられるのが、腕立て伏せとプランクになります。

是非腕立て伏せとプランクを積極的に行い、加圧シャツの効果を存分に引き出していってください。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 加圧シャツ