POWERIST

加圧シャツを着ているのがしんどい時にはどうしたら良い?

      2019/04/16

liberte riche(リベルテ リッシュ) 加圧シャツ XL ブラック

加圧シャツは、着ているとしんどいと思ってしまうこともあります。

そんな風にしんどいと思ってしまった時には、どうするべきかわかりますでしょうか?

そこでやめるべきなのか、それとも無理して着続けるべきなのか…。

ここではそんな、加圧シャツを着ているのがしんどい時の対処方法について紹介していきます。

正しく対処して、しつかりと効果を出していってください。

基本的には脱ぐのが正解

加圧シャツを着ていてしんどいと感じてしまったら、その時には、基本的には脱ぐのが正解になります。

もちろん、そのしんどいの度合いにもよります。

本当に、もうこれ以上それを着ていると苦しくてしんどいと思うのと、なんとなく体が重たくてしんどいというのは、だいぶ度合いが違います。

でも、それの感じ方は人それぞれですから、別に後者のしんどいで抜いでしまっても構いません。

一番大切なのは、無理をしないことです。

無理をする意味はあまりない

なぜなら、加圧シャツの場合、無理をして着続ける意味があまりないからです。

加圧シャツは、すぐに効果が出るようなアイテムではありません。

それがたとえば、一日すごく頑張ったら、次の日にはもう体がある程度出来上がっているというようなアイテムであれば、しんどいと思ってからも頑張る方がおすすめです。

しかし加圧シャツはそうではありません。

もっと長い時間をかけて、徐々に効果を出していくというのが、加圧シャツになるのです。

だったら、しんどいと感じてしまうタイミングがあったとしたら、そこで無理して着続けなくても良いです。

また違う日にカバーすればよいだけです。

つまり、加圧シャツでしんどい思いをしても、そのリターンが少ないということです。

なので、おすすめなのは無理をしないことです。

長い時間着なくても効果を出す方法はある

加圧シャツを着ていてしんどいと感じてしまうのは、長時間それを着ているからです。

それを着た瞬間から苦しくてしかたなくて、しんどいと感じてしまうのであれば、それはサイズがあっていないだけの可能性が高いです。

なので、その場合は、無理して着るとか、それとも着ないとかいう次元ではなくて、普通に買い替えていくのがおすすめです。

でもそんな人はあまりいません。

基本的には、加圧シャツを着ていてしんどくなってしまう方は、長い時間着ているものです。

そして長い時間着ているのは、その方が体に負荷をかけることができるからになります。

でも、体に負荷をかける方法は、長い間着続けることだけではありません。

加圧シャツの効果を少しでも早く出したいと考える方でも、無理をする必要はないということになります。

筋トレをする際に着ればよい

加圧シャツで効果が出る仕組みは、加圧シャツで身体を締め付けていて、そして動かしづらいような状態にしている中で体を動かしていくから、その分筋肉に負荷をかけられ、効果が出るという仕組みになります。

長時間加圧シャツを着ていると、日常のちょっとした動きも多くなります。

だから、自然と筋肉にかかる負荷が増えていき、効果的になるのです。

でも、そういう日常のちょっとした動きよりも、明らかに筋トレの方が動きとしてはハードになります。

なので、加圧シャツを着ながら筋トレをしていけば、そこまで長い時間着なくても、長い時間加圧シャツを着ている時以上の効果を出すことができるようになります。

そしてそれならば、着ていてしんどいと感じることはありません。

だから、加圧シャツを着ていてしんどいと感じたら、無理してそれを長時間着続けるのではなく、いちど脱いでしまい、そして次からは筋トレするときに加圧シャツを着るようにするのがおすすめなのです。

筋トレ自体は軽いもので問題ない

加圧シャツを着て筋トレをするとなると、ますますしんどいと感じることが増えるのではないかと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

なぜなら、筋トレ自体は軽いものでも問題ないからです。

軽い筋トレであれば、むしろ長時間加圧シャツを着ているよりは楽になります。

だから、無理して長時間加圧シャツを着ていることはあまりおすすめしないのです。

筋トレをしなくても時間を決めて着るのはあり

長時間加圧シャツを着ていてしんどいと感じる時、一番おすすめなのは、筋トレをする時だけ加圧シャツを着るという着方に切り替えることですが、加圧シャツを着ている人は、楽して効果を出したいと考える方が多いです。

なので、そこまできつくはない筋トレすらも、できればしたくないと考えます。

そういう方は、別に無理して筋トレをしなくてもよいです。

無理して筋トレするのではなく、そして長時間着るのでもなく、ただただ時間を決めて加圧シャツを着るようにするのです。

それでも、別に効果は出していけます。

その時間だけなるべく活発に活動するようにする

その為には、その時間だけ、なるべく活発に活動するようにしていくとよいです。

たとえば、ただのパソコン作業にしても、いつもよりスピーディーにタイピングしていけるように心掛けてみたり。

そうすることによって、その時間の運動量は、いつもよりは多くなります。

ただただ長く着ていても、まったく動かない時間もあるものです。

そういう動かない時間に着ていてしんどくなってしまうよりも、こうして短い時間でも積極的に動いていった方が効果的になることもあります。

筋トレと比べて確実に効果的になるとは言えません。

筋トレの場合は、日常の所作と比べてはるかに運動効果が違いますから。

でも、こうして積極的に動いていけば、その分運動効果も高まるので、長時間着ているのと並ぶことも、それを超えていくことも全然あるのです。

だから、どうしても筋トレをしたくないという場合には、こうしてそれを着る時間をきめて、それを着ている間はスイッチをいれて活発に筋肉を動かしていくというのもおすすめです。

長時間着ないといけないものではない

加圧シャツというと、長時間着ないといけないとか、長時間着ないと効果がでないとか思っている方もたくさんいます。

だから、加圧シャツを着ていてしんどいと感じてしまっても、まだ頑張った方が良いと思ってしまうのです。

でも、別に加圧シャツは、長時間着なくてもよいのです。

大切なのは、それを長時間着ることではなく、それで効果を出すことになります。

そしてそれで効果を出すということは、別に長時間着なくてもできるのです。

無理して長時間着るのではなく、自分にあったやり方で加圧シャツを着ていくのがおすすめです。

自分に合うやり方はどれか試してみて

なので是非、加圧シャツの着方として、どういう着方が自分に合っているのか、いろいろと試してみてください。

色々試していけば、自分に合っている加圧シャツの着方がどれか、体でわかっていきます。

そのやり方ならば、効果が出るまで着ていくことができますから、そういうやり方を見つけていきましょう。

そして、せっかく買った加圧シャツをうまく利用して、自分が欲しかった結果を手に入れていってください。

まとめ

加圧シャツをきていてしんどいと感じてしまった時には、無理して着ている必要はないというのが、ここでの結論になります。

無理してそれを着ていても、いいことはありませんし意味もありません。

だから盲目的に無理して着続けるのではなく、筋トレをするときだけに着るという着方に切り替えてみたり、あるいは着る時間を定めて着てみたり色々試してみてください。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 加圧シャツ