POWERIST

加圧シャツを着たままの食事で注意することは? 効果を得るための4つのポイント

      2019/05/27

第2世代 金極シャツ 目指せボクサー腹 ブラック M

加圧シャツで体を圧迫すると、さまざまなメリットがあり、ダイエットや筋トレのサポートとしても重宝されています。

24時間いつでも快適に着用できるため、寝るときなどもずっと着たまま過ごすという使い方が可能です。

もちろん、食事中であっても使うことができますがが、食べるときに関しては、正しい効果を得るためのコツを押さえておく必要があります。

では、食事中に使うときのポイントについて、詳しく説明していきましょう。

油断しない

加圧シャツを食事中も着続けることは、ダイエット中に最適な方法になります。

なぜなら、加圧シャツで体を圧迫すると、食事量を適度に制限することができるからです。

体が圧迫されるということは、内臓にもある程度の負荷がかかっており、胃が少しだけ押された状態になります。

その状態だと、食べ物が入る量も減るので、食べすぎを防ぐことができるのです。

通常は、胃を圧迫されるようなことがないため、いくらでも食べて満杯にすることができますが、そのような食べ方はよくありません。

食べすぎれば腹痛を起こしてしまうこともあるので、あまり無茶な食べ方は禁物なのです。

しかし、加圧シャツを着たまま食事をすれば、自然と量が減ることになるので、体に負担をかけるような食べ方はできなくなります。

自分でセーブするのは難しくても、胃の容量が少なくなっていれば、食べすぎをしっかり防ぐことができるのです。

ただし、だからといって安心しすぎるのはよくありません。

「加圧シャツがあるから大丈夫」といった油断があると、思わぬ失敗をしてしまうことがあります。

自分でも気をつける

加圧シャツを着ことで変に安心してしまうと、「食事に関しては何も考えなくてよい」という勘違いをすることがあります。

自分で注意しなくても、胃が圧迫されることで、勝手に健康的な食事ができるようになると思い込んでしまうのです。

しかし、ダイエットを確実に成功させるには、そんな心構えではいけません。

加圧シャツだけに頼るのではなく、自分でも注意して取り組む必要があります。

例えば、お腹と相談して、パンパンになるまで詰め込まないようにするという注意点は、加圧シャツを着ていても、まったく無視してよいものではありません。

胃の容量が少し減るとしても、満杯まで詰め込むのではなく、八分目くらいでやめておくようにしましょう。

「少しくらい食べすぎても大丈夫だろう」といった考えだと、成功するのは難しくなってしまいます。

また、カロリーの高いものばかり選ぶのはNGです。

いくら量が少なくても、太りやすいものを多く食べていたのでは、ダイエットを妨げることになってしまいます。

加圧シャツは、あくまでもサポートであることを忘れず、自分でも常に健康を意識した食事をしてください。

栄養を考える

加圧シャツを着て食事をすれば、食べすぎを防ぎ、適度な量を維持することができますが、ダイエットをするときは、量以外にも注意すべき点があります。

食べすぎなければ、それだけでも体重を落とすことはできますが、ただ減らすのではなく、栄養のバランスを考えた食事を摂ることが大切です。

痩せることができたとしても、栄養が偏っていると、体調を崩してしまうことがあります。

それでは、せっかく痩せても、健康を手に入れたことにはなりません。

食べる量を制限しつつも、必要な栄養はしっかりカバーしておくのが、ベストなダイエット方法になります。

そこで注意したいのが、「タンパク質を摂取できているか」ということです。

タンパク質は、筋肉の材料になる重要な栄養素であり、筋トレをするときには、確実な摂取が必要になります。

これは、ダイエットの場合でも、欠かすことのできないものです。

筋肉が衰えるということは、代謝が落ちるということであり、効率のよいエネルギー消費ができなくなってしまいます。

したがって、食事量を少なくするとしても、タンパク質だけは、しっかりと摂取しておかなければならなりません。

メニューの中には、意識してタンパク質を含むものを入れるようにしましょう。

炭水化物なら胚芽

加圧シャツを利用した食事制限では、炭水化物の糖質も重要なポイントになります。

量を抑えても、糖質で血糖値が上昇しすぎるようだと、あまりよい効果は得られません。

ただ量を減らすだけでなく、なるべく太りにくいものを食べるようにしましょう。

そこでおすすめなのが、胚芽を含んだ炭水化物を食べることです。

通常の炭水化物を摂取したときは、すぐに糖質の消化と分解が行われるため、血糖値が上昇しやすくなります。

しかし、胚芽を含んだものであれば、胃の中で胚芽と糖質を分け、それから本格的に消化と分解が行われるので、普通の炭水化物と比べて、血糖値の上昇が抑えられるのです。

血糖値の急激な上昇を軽減することは、脂肪の蓄積を防ぐことにつながるので、ダイエットで加圧シャツを使うときは、ぜひおすすめです。

水分を多めに摂る

加圧シャツを着たまま食事をするときは、食べる量や含まれる栄養など、食べ物のことにばかり注目しがちですが、水分をたくさん摂取することも、忘れてはいけないポイントです。

水をたっぷり飲むことで、体の基礎代謝を上げ、脂肪が燃焼しやすい状態をつくることができます。

これは、水を飲んだときの、ふたつの働きによるものです。

ひとつは、摂取した水分が、細胞の隅々まで移動することです。

一見すると、ただ単に水が体内を流れるだけのように思えますが、そのときにもエネルギーは消費されています。

そのため、体内を水が流れるということは、代謝の上昇につながるのです。

もうひとつは、水分と一緒に、老廃物が外へ排出される点になります。

老廃物が体の中にたまっていると、代謝の邪魔になってしまうことが多いので、余計なものをしっかりと取り除くことは、とても重要なのです。

水を飲むタイミング

水をたくさん飲むといっても、適当な時間に飲むよりは、効果的な時間を狙うべきです。

体が水分を吸収しやすいのは、起床時と食前なので、できればそのタイミングで飲んでみてください。

しっかりと水分を吸収できれば、代謝を上げる効果も、より確実なものになります。

加圧シャツを着てたっぷり水を飲み、それから食事にとりかかるようにしましょう。

適切なサイズを使う

加圧シャツを食べるときに着るなら、サイズ選びには注意してください。

圧迫の効果を高めたい場合、必要以上に小さいものを無理矢理に使ったりすることがありますが、やりすぎは失敗を招きます。

胃が圧迫されすぎると、食欲が極端に落ちてしまい、必要な栄養を補給できない恐れがあるのです。

いくら痩せるためとはいえ、健康を崩すような方法は避けなければなりません。

加圧シャツは、楽に着ることができるものを選びましょう。

劣化を抑える

適切なサイズを選ぶことは、劣化を抑えるためにも必要なことです。

合わないサイズのものを無理に着用していれば、生地がギリギリまで引き伸ばされてしまうため、通常よりも大きな負担がかかることになります。

そんな使い方をしていると、すぐに破れて使えなくなってしまうのです。

長く使うためにも、きちんとサイズを合わせることをおすすめします。

まとめ

加圧シャツは、食事中に着用することで、ダイエットをしっかりとサポートしてくれます。

ただし、ただ着ているだけでは、なかなか効果が得られないこともあるので、ここで紹介したポイントを参考にして、うまく活用するようにしましょう。

栄養や水分、サイズなどに注意して、常に健康的な食事を心がけていれば、ダイエット効果を高めることができます。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 加圧シャツ