POWERIST

加圧シャツを寝ている時も着用するとどんなメリットやデメリットがある?

      2019/06/03

SWELLFLOW メンズ インナー 姿勢矯正 コンプレッションウェア 加圧インナー 着圧 半袖 無地 ダイエット 吸汗速乾 アンダーウェア シャツ (L, ブラック 2枚セット)

加圧シャツを着用すると、脂肪を燃焼してダイエット効果を期待できるなど、いろいろな魅力があります。

加圧シャツは仕事や家事、運動をする時などに、着用する人が多いです。

でも寝る時にも着ると、どのようなメリットなどがあるか、気になることがあります。

そこで加圧シャツを寝る時に着用すると、どんなメリット、デメリットがあるのか、説明します。

寝ている時も着用するとより効果が高まる

ほとんどの加圧シャツは、寝ている時も着用することができます。

寝ている時にも着用すると、いろいろなメリットがあるので説明します。

加圧シャツは寝ている時も着用できる

睡眠時間は人それぞれ違いますが、約1/3は寝ています。

加圧シャツは着用することで、身体を加圧して効果を得ます。

日中に着る印象が強いですが、実は寝ている時も着用することができます。

寝ている時の着用は効果を高めたい人におすすめ

加圧シャツは睡眠時間も有効に使うことができます。

着用するだけで効果を期待できるので、その時間を無駄にするのはもったいないこともあります。

加圧シャツはずっと着ていた方が、それだけ効果を高めることができます。

嬉しい効果を早く実感することができる

加圧シャツを着用するなら、嬉しい効果をより早く実感したいものです。

寝ている時にも着用すると、モチベーションも高まります。

効果のスピードをアップされることができる

加圧シャツには、脂肪燃焼や姿勢の矯正など、いろいろな効果があります。

部分的な引き締め効果も実感できます。

特に部分痩せについては、時間がかかりやすいこともあります。

でも睡眠時間も着用することで、効果を高めると同時に、スピードをアップさせることもできます。

身体の引き締め効果などを早めに実感できる

寝ている間は、日中のようにトレーニングなどをすることはできません。

でも特に何もせず、寝ている間にも様々な効果を期待できると嬉しいです。

寝ている間も着用していたら、身体が引き締まったり、痩せやすい身体になったなど、嬉しい効果を早めに実感することができます。

加圧シャツを睡眠時間も着用すると暖かい

加圧シャツは、とてもぴったりしている構造になっています。

寝ている間も着用することで、暖かく感じることもあります。

インナーがフィットしていると暖かい

冬の寒さが厳しい時、身体にフィットする衣類を身に着けると暖かいです。

特にインナーがフィットしていると、とても暖かく感じます。

加圧シャツは前述したとおり、身体に圧をかけるインナーです。

そのため身体にほどよくフィットするので、暖かいのが魅力です。

冬は睡眠時間も積極的に着用するのがおすすめ

布団に入って寒いと、ゆっくり眠れないこともあります。

でも加圧シャツを着用すると、前述した効果の他に、暖かい状態で寝ることができます。

可能であれば冬は、積極的に睡眠時間も着用していくと良いでしょう。

寝ている時も着用すると苦痛になることもある

加圧シャツの睡眠時の着用は、デメリットもあります。

寝ている時に着用した場合の、デメリットについて説明します。

睡眠時の着用は苦痛だから日中だけ着る人もいる

加圧シャツは前述したとおり、身体に圧をかける構造になっています。

寝ている間も身体に圧をかけている形になるので、苦痛になる人もいます。

寝ている時は楽でいたいと思い、日中だけ着用するという人もいます。

身体にフィットすることできついと感じることも

また加圧シャツが身体にフィットしていることで、きついと感じる人もいます。

寝ている間も無意識に、身体を動かしていることがあります。

そのためもう少しゆったりしたインナーで寝たい、という人もいます。

加圧力が強すぎるシャツで体調不良になることも

加圧力の強いシャツを着て、寝る人もいます。

そのデメリットについて説明します。

苦しかったり違和感を感じる人もいる

加圧シャツの種類によって、加圧力は違いがあります。

加圧力が強いと、それだけ効果を期待できますが、様々なトラブルを引き起こす可能性があります。

特に加圧力が強いシャツのまま寝てしまうと、きつくて苦しいという人もいます。

身体に違和感を感じてしまう、という人もいます。

でも加圧力というより、サイズが合っていないケースもあります。

サイズがきつすぎる商品を選んでいないか、もう一度確認してみましょう。

日中は大丈夫でも寝ていると辛いと感じる人もいる

また加圧力の強いシャツを着ていると、体調が悪くなる人も一部います。

日中は大丈夫であっても、寝ていると辛いと感じる人もいます。

そのため寝る時は、少し圧が弱めのシャツを選ぶ方法もあります。

加圧シャツを着て寝ると暑苦しいこともある

加圧シャツを着て寝ると、夏は暑いと訴える人がいます。

それによって起こるトラブルについて説明します。

加圧シャツは特に熱帯夜になると暑苦しい

前述したとおり、加圧シャツはぴったりしているので、冬はとても暖かいです。

でも春や秋は大丈夫でも、夏は暑いと感じる人が多いです。

特に熱帯夜になると、暑苦しいと訴える人もいます。

寝つきが悪くなったりぐっすり眠れないことも

夜暑苦しいと、布団に入っても寝つきが悪くなったり、ぐっすり眠れないと訴える人もいます。

この場合はエアコンで室温を調節したり、通気性のある加圧シャツを選ぶと良いでしょう。

袖がない加圧シャツも販売されています。

またぴったりしていると、さらに暑く感じます。

前述したとおり、少し圧が弱めのシャツであれば、暑苦しく感じないこともあります。

どうしても暑くて眠れない時は、日中だけ着るようにしても良いでしょう。

メンズ加圧インナー

SWELLFLOW メンズ インナー 姿勢矯正 コンプレッションウェア 加圧インナー 着圧 半袖 無地 ダイエット 吸汗速乾 アンダーウェア シャツ (L, ブラック 2枚セット)

ここでおすすめの加圧シャツを紹介します。

「メンズ加圧インナー」です。

商品の説明をします。

タンクトップの加圧シャツ

「メンズ加圧インナー」は、タンクトップの加圧シャツです。

もともとぴったりしている加圧シャツですが、袖がないので、その分夏の暑い時期でも、快適に着ることができます。

また加圧力はありますが、タンクトップなので、寝ている間も少し楽に着ることができます。

タンクトップタイプですが、背中やお腹などをしっかりサポートしてくれます。

インナーとして、手軽に着用することができます。

伸縮性があるので寝ている時も安心

「メンズ加圧インナー」は、伸縮性があるのも特徴の一つです。

そのため寝ている間、体動が気になる時も安心です。

また着ていることで、自然に姿勢も補正することができます。

一日おきに使用するという選択もできる

「メンズ加圧インナー」は、ダイエット効果も期待することができます。

日中はもちろん、寝ている間も着用すると、その効果を高めることができます。

毎日着るのが難しい場合は、一日おきに使用する方法もあります。

サイズが豊富であるのが魅力

加圧シャツでは、サイズ選びがとても重要です。

でも「メンズ加圧インナー」は、サイズが豊富であるのが魅力です。

きつすぎない加圧シャツを選ぶことが可能です。

まとめ

加圧シャツは身体に圧をかけて効果を得るので、着ている時間が長いと、それだけ効果も高まります。

そのため寝ている間も着用すると、より早く効果を実感できることもあります。

またぴったりしているので、冬は布団に入っても暖かいです。

一方で寝ている時も着ていると、きつかったり、暑苦しい時もあります。

寝ている時も着用したい時は、加圧力やサイズを見直してみると良いでしょう。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 加圧シャツ