POWERIST

加圧シャツは自己トレーニングのお助けアイテム、でも選ぶ時には注意も必要

      2019/08/14

POJIRAI (ポジライ)最新 加圧 ブラトップ 【1枚組】【2枚組】 加圧インナー シャツ 補正下着 シェイプアップ バスト ヒップ アップ 女性用 着るだけ ダイエット レディース インナー シャツ (ブラック, 1枚組 M)

加圧シャツもすっかり、トレーニング用のアイテムとして定着してきました。

使い方も様々なので、色々なシーンで工夫しながら使用している人も多いはずです。

普段のインナーの代わりに使用したり、ちょっとした運動の時にプラスアルファとして着用したりするのが一般的です。

慣れた人だとかなりの運動の時にも、負荷をかけたいと着用する人もいます。

しかしやはり使用する場面に応じて、ちょっとした注意も必要ですね。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

加圧シャツは普通に着ていてもエネルギー消費は大きい?

加圧というのは、筋肉に負荷をかけて通常にも増してエネルギー消費量を増やしたり、筋肉の使用を多くしたりする効果があります。

加圧ベルトを使用した場合、トレーナーや専門家の指導が必要ですが、加圧シャツはそこまでの強い加圧はかけませんので、着るだけで役目を果たしてくれるわけです。

とは言え、筋肉への加圧だけでなく姿勢矯正もしてくれるので、その分も運動量は増えます。

手軽でしかも普段の生活でも利用できるというのが、加圧シャツの非常にありがたいところです。

インナー代わりに着ているだけで、姿勢矯正してくれて加えて加圧してくれるので、通勤だけでも何時もより運動したことになります。

筋肉も使用するので当然、筋トレにもなります。

軽い運動をすれば、一層効果的に結果が出るということになります。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

加圧シャツはどんなシーンで使用するのがおすすめ?

幸いなことに、今販売されているような加圧シャツの場合、素材にも心配りがされていますので、インナーとしても充分に着られます。

速乾性や吸湿性、発汗性にも優れていますし、保温性もあります。

インナーとして使用しても、変に汗をかきすぎたりということもありません。

しかも薄手のものが多く販売されていますので、アウターにも響かないで済みます。

通勤時に着ていても、外部から解ることはありません。

その辺り気にする人には、ありがたい素材でできているわけです。

また軽い運動をする時に利用するのにも、この薄手でストレッチが効いた速乾性に優れた加圧シャツは、大変に効果的です。

寒い時期のアウトドア、ランニングの時にもインナーとして利用できます。

インナーとして利用すれば、上半身の筋トレが何時も以上に出来るので、保温と合わせておすすめです。

もちろん自宅での筋トレの時も、これを1枚着るだけでかなりの運動量が稼げますし、筋トレも効果的に出来ます。

簡単に言うと、普通の生活のどのシーンでも活躍してくれるのが、この加圧シャツなのです。

加圧シャツを選ぶのに注意することは?

かなり万能で使用ができる加圧シャツですが、加圧シャツ初心者の場合選ぶ時に注意したい点もあります。

どんなシーンで使用するかを把握して選ぶ

ひと言で加圧シャツと言いますが、種類はかなり多く見受けられます。

加圧の強さや加圧する部位については、本当に千差万別です。

もちろん個人差がありますので、最後には自分に適した加圧シャツを、自分で選ばなくてはなりません。

しかしまず最初に、何をメインに使用するのかを考えることが必要です。

通勤のインナーとして使用するのか、自宅での軽い筋トレのお供にするのか、ランニングなどちょっと強い運動に使用するのか、そこをしっかりと把握してください。

それに応じて、適した加圧シャツを選んでいかなくてはなりません。

着ただけで身体の各部が加圧されるのですから、それなりの注意を持って選ばないと、筋肉に悪い影響をあたえることもあります。

まず、何をメインにして使用するのかを第一に考えてください。

通勤などの日常生活のインナーとして

日常生活のインナーとして使用する場合、恐ろしく運動不足に人でない限りは、ちょっと強めの負荷のかかったものがおすすめです。

姿勢矯正の機能があるものを選ぶのも、お約束です。

特別に運動するわけでないので、結構負荷の強いものでも大丈夫ですが、1日位の大半を着て過ごすのですからそこも考慮に入れてください。

インナーとして利用していると、途中で脱いでという事が不可能になってしまいます。

最初はそこそこの負荷の物で、姿勢矯正の機能があるものがおすすめですね。

また自信のない場合は無理せずに、バッグに普通のインナーを入れて出かけるのも一つの手です。

途中で着替えられれば、かなり楽になります。

日常生活で使用する場合は、長時間使用を前提にして、無理なく続けれられる程度の加圧のものを利用してください。

まあそのうち筋肉が慣れて、段々と強い負荷が欲しくなってきます。

そうなったら、しめたものですね。

自宅での軽い筋トレに使用したい

自宅で軽い筋トレを1日30分、と言う人も多いはずです。

習慣にしているので、特に問題もなく持続できている人も少なくないですね。

しかし自宅での筋トレの一番の問題は、慣れすぎて刺激がないということです。

そこに加圧シャツを加えれば、加圧によって新たな刺激が加わることになります。

だれていた自宅の筋トレも、喝入れされた気分になれますね。

この自宅での筋トレに加圧シャツを加える場合、どんなものを最初に選ぶかですが、やはり最初は少し弱めの加圧シャツをおすすめします。

というのも、例えばジムでの運動で加圧シャツを使用したい場合、ジムのトレーナーに相談ができます。

こちらの身体の状態を考慮に入れた専門家の意見が聞けますから、現状に応じた強さの加圧シャツの使用が可能になります。

しかし自分だけでやっている運動だと、そのあたりが自分だけでの判断になります。

軽い筋トレだからと安心せずに、まずは負荷の少ない加圧シャツで開始するのがおすすめです。

ちょっとハードにランニングなどに使用する時

ランニングなど、長時間の運動に加圧シャツを取り入れたい場合、これは専門家の意見を聞きたいものです。

長時間結構激しい運動をするのですから、加圧しつつも呼吸を邪魔しないような作りになっている物を、選んでおく必要があります。

なのでこの場合、専門店での相談が最もおすすめの方法です。

長時間の運動の場合、身体を締め付ける衣服は、呼吸を妨げ筋肉も動きが制限されます。

加圧シャツはそこまで身体を締め付けるものではありませんが、やはり注意しておくに越したことはありません。

専門店での相談を、おすすめしたいところです。

どんなシーンで使用するのでも共通して注意したい

加圧シャツの着用の場合、多くが自分だけでの自宅での運動や、日常生活の動きのプラスアルファとして使用しています。

なので加圧シャツの選択も、自分だけですることになってしまいます。

どんな加圧のどんな強さの物を選ぶのかも、自分でということになります。

またネットでも多くの加圧シャツが販売されていますので、専門店まで行かなくても手に入りやすくなっています。

なのでおすすめしたいのは、専門店でとは言いませんが、最初に選ぶ加圧シャツはちょっと弱めの加圧のもの、ということです。

弱すぎて何も感じないと最初に着た時は思っても、時間の経過で段々と感覚が変わってきたりもします。

そういった点からも、また強すぎた負荷をいきなりかけて筋肉をびっくりさせないためにも、最初は少し弱めのものを使ってみてください。

まとめ

色々なシーンで筋肉作りに貢献してくれる加圧シャツです。

賢く選べば、筋肉作りや身体の引き締め、姿勢の矯正まで多くの効果が期待できます。

しかしあくまで、筋肉に負荷をかけているということを忘れないでください。

ある程度の負荷は運動の助けになりますが、過ぎた不可は身体のためになりません。

そのあたりも踏まえて、利用シーンも計算に入れて加圧シャツを上手く利用してください。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 加圧シャツ