POWERIST

加圧シャツは自分に合った大きさを!サイズに関する4つの注意点

      2019/08/14

(InField)加圧インナー 補正下着 姿勢矯正 ダイエット 着圧 コンプレッションウェア シャツ ブラック M

加圧シャツは、体を引き締めてくれる便利な商品であり、トレーニングやダイエットのサポートとして重宝されています。

しかし、これを使うときは、サイズに注意しなければなりません。

もしサイズが合わないものを選んだ場合は、本来の優れた効果を得られないことがあるのです。

では、加圧シャツのサイズで注意したい4つのポイントを紹介しましょう。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

体型で悩む必要はない

加圧シャツといえば、体にぴったりとフィットすることが大きな特徴になります。

そのピッチリとした締めつけにより、体型を細く見せたり、代謝を上げて痩せやすくする効果を発揮するのです。

しかし、この特徴は、初めて使う人に不安を与えることもあります。

それは、「自分の体型では使えないのではないか」というものです。

太っている人や大柄な人は、体にフィットする服だと、どうしても入らないことを想像してしまいます。

しかし、加圧シャツは、体型が原因で使えないようなことはありません。

加圧シャツは、むしろそうした人のための商品になります。

体型にコンプレックスをもっている人が、悩みを改善するためのサポートをしてくれるのです。

したがって、体型を気にして躊躇している人も、余計な不安を感じる必要はありません。

思い切って購入し、積極的に活用していきましょう。

自分に合ったサイズが大切

加圧シャツは、太っている人や大柄な人、身長が高い人でも、問題なく着用することができます。

しかし、たとえ着用できたとしても、「本当に正しく機能してくれるのか」といった不安も出てくるものです。

あまりに体型に合わないと、本来の効果が発揮されないように思えてしまいます。

確かに、加圧シャツの効果をしっかり得るためには、自分に合わないものを使うことは避けるべきです。

本来の効果を引き出すためには、自分に適したサイズを使う必要があります。

そうした商品なら、加圧シャツのもつメリットを確実に得ることができるのです。

どんな体型でも着用できるとはいえ、適当なものを使うのではなく、その体型に合った商品を選ぶようにしましょう。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

サイズ表を見よう

自分に合ったサイズの加圧シャツを選ぶには、何か参考にするものが必要になります。

何もない状態で選ぼうとしても、なかなか自分に合うサイズは見つかりません。

そんなときは、加圧シャツのサイズ表を見るのがおすすめです。

加圧シャツを販売しているサイトには、必ずサイズ表があるので、漠然と探すのではなく、それを見ながら選ぶようにしましょう。

このサイズ表には、体重と身長、それぞれに合わせた表が用意されています。

そのため、太っている人は体重の方を、身長が高い人は身長の方を参考にすれば、自分に合ったものを探しやすくなります。

ただし、どちらか一方にばかり注目していると失敗してしまうことも多いので、最終的に決める際には、なるべく両方を照らし合わせるようにしてください。

体重も身長も問題ない商品であれば、安心して購入することができます。

返品についても確認しよう

サイズ表を見て慎重に選べば失敗は少なくなりますが、もし合わない商品を購入してしまった場合は、返品が必要になってきます。

そのため通販サイトをチェックするときは、サイズ表だけでなく、返品に対応していることも確認しておきましょう。

この点を見落としていると、いざ返品するときになって、実は対応していないサイトだったことに遅れて気づいたります。

そのような事態を避けるためにも、失敗したときのことを想定して、サイト内をよく見るようにしてください。

返品可能なサイトなら、あとから慌てる必要はありません。

サイズ選びでは失敗もよくあるので、しっかり対策をしておきましょう。

きつすぎるものは避けよう

加圧シャツのサイズを検討する際、「これだけは避けるべき」というものがあります。

それは、自分の体型に対して小さすぎるものです。

加圧シャツは、ぴったりと体にフィットすることで効果を発揮するので、少しくらい小さめの商品を選んでも、特に問題はありません。

あまり余裕をもたせると、締めつけが弱くなってしまうこともあるため、ぴったりのサイズか、少し小さい方が適しているのです。

しかし、だからといって、むやみに小さいものを選ぶのはやめましょう。

小さすぎると、窮屈さや苦しさを感じることが多いため、すぐに使わなくなる可能性があります。

加圧シャツは、数日使っただけでは、十分な効果を得ることはできません。

なるべく継続して使い続けることがコツなのです。

そのためにも、小さすぎるものは避けて、余計なストレスをためないようにしましょう。

寝るときのデメリット

加圧シャツは、基本的に24時間の着用が可能なため、寝るときにも使用できます。

特に、ダイエットが目的の場合は便利です。

加圧シャツの圧迫で代謝を高めた状態だと、普段の寝返りによる動きも、脂肪燃焼のために利用することができます。

しかし、そうした効果を得たいなら、きつすぎる商品は向いていません。

きつい加圧シャツは、寝苦しさを感じてしまうことが多く、睡眠不足になる恐れがあるのです。

それでは体調を崩してしまうので、加圧シャツは、なるべく快適に使用できるものを選ぶ必要があります。

自分に合ったものなら、寝るときも積極的に使って、ダイエット効果を高めることができるのです。

伸縮性があるものにしよう

加圧シャツの適切なサイズを選ぶなら、伸縮性にも注目しておきましょう。

ほとんどの加圧シャツは、優れた伸縮性によって、体へのフィット感を高めてくれます。

そして、伸縮性の高い商品は、どんなにぴったりしていても、苦しさなどの不快感は感じにくくなるのです。

そのため、自分に合ったサイズを選ぶなら、伸縮性の高い生地は欠かせない要素になります。

しかし、すべての加圧シャツが高品質なわけではありません。

中には、生地の質を落とすことで、安さを実現している商品もあります。

そのような商品は、フィット感も低下してしまうため、あまり高い効果は期待できないのです。

したがって、安いからといって、安易に決めないようにしましょう。

安いものは、何かを犠牲にして値段を下げていることが多いので、伸縮性の高いものを購入するなら、慎重に考える必要があります。

そのためには、自分が優先すべき点を明確にしてから選ぶようにしましょう。

サイズと伸縮性はどちらも重要

どんなにサイズの合った加圧シャツを購入しても、それが極端に安く売られていた商品で、伸縮性に欠けるものだった場合、よい効果を得ることは難しくなります。

また、それなりの値段で伸縮性に問題がなかったとしても、サイズ選びでミスがあると、やはり本来の効果を引き出すことはできません。

このように、サイズと伸縮性は、どちらも加圧シャツの重要な要素となります。

その両方を兼ね備えたものが、本当に自分に合った商品なのです。

したがって、「自分にぴったりの加圧シャツを探す」という目的があるなら、サイズと伸縮性をどちらもクリアしていることに注目してください。

そのような商品をしっかり見極めれば、高い効果を得ることができ、継続もしやすくなります。

まとめ

加圧シャツには、姿勢の矯正や代謝アップ、適度な圧迫による食べ過ぎ防止など、さまざまなメリットがあります。

そのため、上手に活用することができれば、とても便利な商品になるのです。

しかし、それらのメリットを得るためには、サイズが合った商品を使う必要があります。

ここで紹介したポイントを参考にして、ベストな商品を見つけてください。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 加圧シャツ