POWERIST

加圧シャツの効果はいかほど?購入方法・使用目的や体質別の注意点など

      2019/08/14

(InField)加圧インナー 補正下着 姿勢矯正 ダイエット 着圧 コンプレッションウェア シャツ ブラック M

着ているだけで痩せる!

と好評の加圧シャツ。

しかし、向いている人・求めるべき機能や注意点など、使用する上で考えたいことが沢山あります。

今回は、筋トレが目的のかた・痩身が目的のかたの両方に合わせて、考えていきたい点を列挙していきます。

現在加圧シャツを着ていて「効果がない」と感じられる人は、ぜひ読んでみてください。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

加圧シャツって?

結論から言うと、加圧シャツは本来、筋力アップを目的としたものではありませんでした。

部位ごとの筋肉を引き締め・身体全体のバランスを維持することが元の着眼点です。

しかし、ダイエットブームのなかでより高い「痩身・筋トレ」効果をうたう製品が多く打ち出されるようになり、今に至ります。

女性下着で言う「ガードル」に近い?

女性向け加圧シャツを探すのは現状難しく、ほとんどの利用者が男性かと思います。

似たような機能を持つのが、女性下着の「ガードル」。

女性の場合は骨盤が広くなりやすく・もともと筋力が育ちにくいことに加えて下半身に脂肪がたまりやすいので、一時的に強制をする下着として愛用されています。

加圧シャツも同様の原理ですが、筋力の育ちやすい男性にとっての「必要なサポートだけ」に絞ってあります。

それはずばり、姿勢の矯正。

筋力トレーニングにおいて最も重要なのは「普段の姿勢グセ」と言われていて、標準的な体格・体重の人であれば、きれいな姿勢を保つだけでも十分な痩身効果が得られるとされます。

また、クールビズやお勤め先の社風により、ジャケットやネクタイを着用する習慣のない人にも人気です。

シャツスタイルは姿勢に影響されやすいので、おしゃれにこだわる人は、下着として普段から愛用すると聞き及びます。

筋トレ・痩身をお考えの場合、加圧シャツの本来の機能からみると、平行して何らかの工夫が必要となるでしょう。

しかし、姿勢矯正の効果は、いずれの目的に対しても十分に有用です。

おすすめしたい機能・買い方

加圧シャツを実際に来てみて合わなかった…という人の大半が、下着としての単純な機能に不満をもっているそうです。

夏場に着用するのであれば、吸湿と蒸散作用の強いものが求められます。

シーズンが変われば求める機能も真逆になりますし、通年同じものを着るわけにはいかないかと存じます。

また、下着である以上、洗濯を繰り返すことによる消耗は避けられません。

加圧効果はだんだんと下がっていき、最後には「普通の下着」になります。

これらのことを考えると、

  • 通年下着として着用できるように、シーズンごとの製品を購入しておくこと
  • 消耗品ととらえて、なるべく沢山購入しておくこと

これらがポイントになってくるのではないでしょうか。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

筋トレ目的で着用するとき

筋トレ目的で着用するときは、十分に効果を引き出すために色々な工夫が必要です。

もちろんシャツの連用だけでも効果は期待できますが、より早く実感するためには、ポイントがいくつかあるでしょう。

着用時間・タイミングと食生活が大切

筋肉が鍛えられる仕組みについて、書籍などで勉強したかたはすでにご存知かと思いますが

  • 筋繊維を痛める→休養により回復させる→筋力が上がる

というサイクルになります。

また、休養の部分ですが、自律神経の作用なども考えて、戦略的に考えないといけません。

加圧シャツはその性質上、長時間筋肉を刺激することで交感神経を活発にするため、夜更けまでの着用は避けたほうがいいでしょう。

帰宅すればすぐに着替える・最低でも就寝の2時間前には、着替えを済ませたほうがよさそうです。

眠っている間に着用するのも、あまり好ましいと言えません。

また、筋トレ(無酸素運動等)を平行して行ったほうが効果がでやすいのですが、この時も注意したいことがあります。

加圧シャツを着用してのトレーニングは、軽いものであれば効果が高く非常におすすめできるのですが…ハードなメニューをこなすと、故障を引き起こす危険もあります。

ジムに通わない日などに絞って着用するのが吉でしょう。

また、筋トレする人全般に言えることですが、タンパク質中心の食生活を心がけるのも重要です。

加圧シャツだけで他にトレーニングなどはしていない…というかたであれば、ごはん・パン・麺類をやや控えて日中の食事を乗りきるのがベスト。

理想の体型を目指して、頑張りましょう。

痩身目的で着用するとき

ある年齢になると、食事量の加減により「特別食べすぎたわけではないのに太ってしまった」…ということがおこりがち。

残業続きでトレーニングする時間のない人にとって、着用するだけで一定の痩身効果が期待できるというのは、非常に魅力的です。

しかし、ここもやはり使い方にはコツがあります。

有酸素運動をまずしてみる

加圧シャツは、筋肉に刺激を加える→無酸素運動になります。

こうして筋力が上がることで基礎代謝量が上昇し、多く食事をしても太りにくい身体が出来上がるという仕組みです。

しかし、すでにぽっちゃり〜肥満体型の人がシャツにより効果を出そうとすると、なかなか難しいということが考えられます。

まず、すでについている脂肪が邪魔をして、刺激したい筋肉に圧力が伝わらないということが一点。

もうひとつが、肺活量がもともと少ない・あるいは腹筋の衰えなどにより呼吸が浅くなりがちな人は、加圧シャツによってより呼吸を阻害されてしまう可能性があるということです。

シャツを着用してみて「苦しい」と少しでも感じたなら、思い切って方針を転換してみましょう。

筆者のおすすめは、土日だけでもいいので「1時間以上のウォーキングを習慣づける」ことです。

このときは加圧シャツを着用せず、出来るだけ楽な服装がいいでしょう。

ストレッチなどを加えると、より効果的です。

また、ウォーキング中は呼吸に集中し、「腹式呼吸がきちんとできているか・深く息ができているか」を観察してみましょう。

うまく出来るようになってからが、加圧シャツの出番です。

ぽっちゃりめのかたは、姿勢が崩れていることが多いので、加圧シャツの本来の機能を十分に生かすことができます。

ある程度体力が戻ってきた頃に、

  • オンの日は加圧シャツ
  • オフの日は軽めの有酸素運動

というリズムを作ることができれば、健康的に痩せることが出来ます。

特に注意したいこと

最後に、購入・使用にあたって注意したいことを述べます。

いびきが大きい・睡眠中に呼吸が止まっている…と指摘されているかたは、シャツの使用前に医師との相談をおすすめします。

睡眠時無呼吸症候群というのがテレビなどで話題になったことがありますが、

  • 姿勢の悪化
  • 筋力の極端な低下
  • 医師指導が必要な程度の肥満

などが主な原因になってきますので、痩身グッズをうかつに使うのは大変危険です。

また、メンタルヘルスに問題ありと診断され・お薬を服用されているかたも注意が必要とのことです。

向精神薬・不安薬には筋弛緩作用のあるものが多いのですが、慢性的な不安や鬱状態を抱えているかたは、全身の筋肉が強張りがちだということです。

加圧シャツにより薬の効果を減退させたり、離脱症状を起こす・症状を悪化させる可能性も考えられます。

必ず主治医と相談をしましょう。

まとめ

加圧シャツの購入・着用において、注意したいことを多く述べてきました。

基本的には長期間の着用によりゆっくりと効果をだすのが製品の特徴で、トレーニングを加えない場合は長い気持ちでいることが大切です。

また、体質や体格によって効果が出にくいかた・使用に注意が必要なかたもいらっしゃるので、十分に気を配ってください。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 加圧シャツ