POWERIST

加圧シャツで効率的に筋肉強化と筋肉つくり、おすすめの運動は?

      2019/08/14

B-WINDY 加圧インナー コンプレッションウェア 無地 補正下着 着圧 ランニング メンズ(ブラック、M)

着ているだけで身体の筋肉に刺激を与えてくれる加圧シャツ、普段から下着代わりに利用している人も多いはずです。

加圧して何時もよりちょっと、筋肉を動かすのに負荷をかけるのですから、着ているだけで運動しているのと同じ効果が得られるのがこの加圧シャツです。

しかしただ着て、通勤通学や日常生活を送るだけでは、やはり中々効果的に筋肉は鍛えられませんね。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

そもそも加圧シャツの仕組みって

加圧トレーニングと言う運動が、かなり前から一般的になってきています。

ベルトなどで圧をかけて、普段より動きに負荷をかけての運動です。

例えば、今まで1キロの荷物を持った場合、その1キロを持ち上げる力が筋肉に必要な運動量でした。

しかし筋肉自体に付加をかけておけば、1キロ持ち上げるのに2キロ分の運動量が必要になるわけです。

同じ時間動いても、倍の運動量が得られるのですね。

これなら半分の運動量や時間で、効果的に筋肉を使うことが出来るのです。

加圧ベルトを使用したこの加圧トレーニングは、専門家の指導のもとで行われます。

というのも、ベルトの位置や負荷のかけ方で逆に筋肉を悪くしてしまうこともあるので、専門家の指導が必要になるのです。

これを応用して、でも負荷をかけすぎないように計算して作られたのが、加圧シャツです。

これならジムに行く必要もなく、専門家の指導も受けずに日常の動きでかなりの運動ができますので、手軽に筋肉を鍛えたり作ったりが出来るわけです。

必要に応じて袖の長さなども色々ありますし、手軽に便利に着るだけで運動できるという、大変にありがたいウエアなのです。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

着ているだけで筋肉つくり

今では多くの加圧シャツが市場に出ています。

どれにしようかと迷ってしまうほどに、多くのメーカーが販売していますね。

その謳い文句は多くが、着ているだけで筋肉が作れる、と言うものです。

実際、普段の生活での動き、歩く走る階段を登るなどでも、普段より筋肉に負荷がかかっているので、運動量は増えていくことになります。

筋肉を使う力も増えるのですから、実際に普通のシャツを着ているよりもずっと、運動量は増えます。

なのでこれだけでも勿論、効果は期待できますね。

着ているだけでは物足りない

しかしここで、ただ着ているだけでなく運動と呼べるものをした場合、これはかなりの効果が見込めることになります。

例えば腕立て伏せですが、普段よりも上半身の筋肉に付加をかけておけば、普段の運動時間の短縮も可能になります。

忙しい人の場合、この時短というのは大変にありがたいことです。

少しでも時間を食わず、でも毎日の運動は欠かしたくないという人の場合、加圧シャツは本当におすすめのウエアです。

勿論これを着て、普段と同じだけの時間ストレッチや筋トレをすれば、効果は増すことになります。

同じ時間の消費で、でも運動量は増えるのですから、筋肉のつき方や鍛えられ方も大きくなるのは当然のことです。

加圧シャツを着ている時どんな運動が効果的

個人の筋肉のタイプや、どのような筋肉をつけたいかで、加圧シャツの有無にかかわらず運動の種類はある程度決まってきます。

強くて硬い筋肉の人の場合と、柔らかくてしなやかな筋肉の人の場合、同じ腹筋を鍛えるのでも適した運動は違ってきたりもします。

なので、参考意見としてのおすすめ運動をご紹介しますね。

本格的に運動する前に

初めて加圧シャツを着た人の場合、まず本格的な運動の前にちょっと感覚を確認しておくのが良いですね。

つまり、どの程度体を動かす時の感覚が違うのか、力が必要になるのかなどです。

初めての人の場合、準備運動代わりにまず、普通に下着として着用してみるのがおすすめです。

普段の生活で、感覚や運動量の把握をしておくとその後のトラブル回避ができますよ。

強くて硬い筋肉をつけたい場合

格闘技などする人に必要な、強くて硬い筋肉です。

6つに割れた腹筋等、この手の筋肉の代表ですね。

内蔵を守るためにつけるのには、大変に適した筋肉です。

元々硬い筋肉の人の場合は、普通に運動しているだけでつきやすいのですが、柔らかめの筋肉の人だとちょっと苦労する筋肉のタイプです。

この硬めの筋肉をつけたい場合、アタック系の運動がおすすめです。

所謂腹筋運動の早いものとか、腕立ても素早く回数を多くの運動です。

加圧シャツを着てこれらのアタック系の運動をすれば、手早くしっかりとした硬い筋肉がついてくれます。

しなやかで柔らかい筋肉をつけたい場合

女性の場合はこちらのほうが、作りやすいのに加えてきれいに身体を整えられます。

こちらの場合はストレッチなどしつつ、上半身を使っていくのがおすすめです。

ストレッチというと、それほど上半身の筋肉を使っていないように感じますが、実はかなり使用しているのです。

特に腕をしっかりと使用してストレッチすると、上半身の筋肉も大きく使うことになります。

また腹筋運動をする時も、時間をかけてゆっくりしたいものですね。

アタックではなく、上がるのに5秒かけて下がるのにも5秒かけてなど、呼吸をゆったりしつつやるのがおすすめです。

これを加圧シャツを着てやると、早く動くよりもずっと大変なのです。

運動量はかなりのものになりますので、ゆっくりじんわりやってみてください。

深呼吸しながら出来る運動を、と考えるのがいいですね。

取り敢えず今ついている脂肪を無くして筋肉に変えたい場合

さて、これは運動をしてこなかった人には必須の問題です。

筋肉を作る前に、脂肪を何とかしたいと言うのは、多くの人の希望ですね。

そのために加圧シャツは大きく役立ってくれます。

この場合まずは焦らないことが大事です。

加圧シャツを着ていきなり運動をすれば、かなりの運動量になります。

なけなしの筋肉にはかなり辛いものがあります。

なので第一に、ここで筋肉を傷つけないようにすることです。

最初はのんびり脂肪を無くしていきましょう。

そのためには、日常生活内で加圧シャツを着て少しずつ運動量を増やすことです。

その後、ある程度の運動を継続的にしつつ、筋肉をつけていくのがベストです。

脂肪は呼吸を吸って吐いてすることで溶けていきます。

加圧シャツはあまりきつくないもので始めて、深呼吸できる程度の負荷のものを選びます。

これで、日常生活で脂肪を溶かす助けにするのです。

その後の運動については、どのような筋肉にしたいかで決めていくのがいいですね。

加圧シャツをダイエットを兼ねて使用する場合

ダイエッターさんたちも、出来れば単に痩せるだけでなくきちんとした筋肉をつけたい、と思っているはずです。

そんな時に加圧シャツは、確かに役立ってくれます。

身体への負荷をかけて余分な肉を減らして、筋肉に変えていくのが健康的なダイエットと言えるやり方です。

ただこの時にちょっと気をつけて欲しいのですが、余分な肉をなくして筋肉に変えた場合、体重は増えます。

筋肉は脂肪より重いのです。

なので、見た目は変わらず、もしくは細くなったのに体重は落ちていない、ということもありえます。

筆者の場合、若い頃に週2回の運動を4回に増やした時に、いきなり体重が5キロ増えました。

いきなりの運動量の増加で、筋肉がつきすぎてしまった結果でした。

これはその後、徐々に元の体重に戻っていきましたので、同じようなことがあった場合もあせらずに経過を見守るようにしてください。

一過性のものであることがほとんどです。

筆者の場合加圧シャツなどというものはなかった時代ですが、それだけの状況に陥ってしまいました。

これが加圧シャツを使用しての運動、ダイエットだとしたら、もっと顕著にこの一過性の体重増加が現れるかもしれません。

慌てず騒がず、様子を見てくださいね。

まとめ

加圧シャツを着ての運動の場合、何より気をつけたいのは着てすぐにいつも通りの運動をしないということです。

軽く様子見から入ってください。

どの程度の負荷が身体にかかっているのか、筋肉の状態はどんな感じか確認しつつ、運動していくのがおすすめです。

つまり最初は、日常生活の下着代わりで使用して感覚を養うのがベストだということです。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 加圧シャツ