POWERIST

初心者もダンベルを使うべき?それとも自重トレの方が良い?

      2019/08/31

Heaven Days(ヘブンデイズ) トレーニングマット ベンチマット 筋トレ ヨガマット ピラティス ヨガ 収納ケース付き 15mm 極厚 メンズ 1804G0026

初心者が筋トレを始める時に迷うのは、自重トレーニングで行くべきか、それとも器具を使うべきかということですよね。

それはたしかに、いきなりベンチプレスのような負荷のすごく強いトレーニングをしようとする人は少ないとは思いますが、ダンベルくらいであれば初心者でもいけそうです。

では実際初心者は、ダンベルを使うのと自重トレ、どっちの方が良いのでしょうか?

私が絶対おすすめするダンベルランキングはこちら

スポンサーリンク

自重トレはリスクの少なさがメリット

初心者の人には自重トレが合っているのか、それともダンベルトレーニングがあっているのかというのは、それぞれのメリットを見ていくことでわかるはずです。

まずは自重トレのメリットから見ていきます。

自重トレで筋トレを始めることの一番のメリットは、リスクが少ないこと。

たとえば、全然負荷をかけて筋肉を動かしたことがない状態で、いきなり30キロくらいのダンベルでトレーニングをしていたらどうでしょうか?

その場合には、筋肉が故障してしまう可能性も高いです。

たとえばそれは、チェーンがすごくさびている自転車を想像するとわかりやすいのではないでしょうか?

全然使われていなくてすごくさびているチェーンに、いきなり強いテンションをかけたら切れてしまう可能性が高いですよね。

筋肉でも、それと同じことが起こるんです。

ダンベルは自重よりは負荷が強くなりがち

たしかにダンベルの負荷は、ベンチプレスなどと比べると決してすごく強いわけではありません。

でも、では自重トレと同じくらいかといわれると、やっぱり自重トレと比べると負荷は強いんです。

だから、その分だけ怪我をしてしまうリスクが高くなります。

逆に言えば、自重トレであればまずそうして怪我をしてしまう可能性は少ないです。

それはたしかに、限界を超えて無理なトレーニングをしたり、あるいはトレーニングのやり方が変だったりしたら、そのせいで筋肉がおかしくなってしまうこともあります。

でもその可能性は特段高いわけではありません。

怪我をしてしまうと筋トレを始めたばかりでもう筋トレが出来なくなってしまいます。

なので、それを考えると怪我をしないということもすごく大切なことなんです。

私が絶対おすすめするダンベルランキングはこちら

スポンサーリンク

自重トレはやり方がたくさんある

また、自重トレのメリットはもう一つあります。

それが、やり方がたくさんあるということ。

たとえば腕立て一つとっても、手の置き場所、あるいは足の置き場所を変えるだけで負荷は大きく変わってきます。

だからいろいろな部位を鍛えやすいんです。

もちろんダンベルでもできることはいろいろあります。

でもやっぱり、そのできることの幅の広さで言えば、自重トレの方が上なんです。

一つの部位に集中しがちなのがダンベル

また、ダンベルがあると、やっぱりそのダンベルを使ってトレーニングをしたくなりますよね。

わざわざお金を出してそれを買っているわけですから、それは仕方がないといえば仕方がないです。

でも、そうしてダンベルを使うトレーニングばかりをしているとなると、一つの部位ばっかり鍛えることになるんです。

ただただ腕を太くしたいとか、そういう明確な目標があるのであればそれも間違いではありません。

だけど多くの場合、そんなことはないですよね。

基本的には「良い体にしたい」と思って筋トレをしている人が多いはず。

良い体にしたいのであれば、それは一つの部位ばかり鍛えているのではだめです。

そうではなくいろいろな部位を鍛えていかないと、バランスの良いいい体は出来ないんです。

だから、自重トレのようにいろいろなところを鍛えやすいトレーニングから始めるというのは、トレーニング初心者の方にはおすすめできる方法になります。

それをして、どうしても筋肉がつきやすいところが出てきたらダンベルを使ったトレーニングを始めるというのも、一つの方法です。

ダンベルはより筋肉がつきやすい

ではダンベルを使ったトレーニングのメリットはどこにあるでしょうか?

ダンベルを使ったトレーニングの一番のメリットは、より筋肉がつきやすいということです。

先述の通り、ダンベルを使うとより筋肉に負荷がかかる様になります。

より負荷がかかる様になるということはつまり、より筋肉がつきやすいということです。

だから、より早く理想の筋肉を手に入れやすくなります。

早く効果が出るとやる気も出る

早く効果がでるというのは、筋トレ初心者の人にとってはすごくよいことです。

もちろん初心者の人でなくともそれはよいことなのですが、初心者の人の場合には余計にそれを良いことと感じるんです。

それはなぜか。

やっぱりなかなか効果が出ないと、このまま辛い思いをして続けていても、結局効果は出ないんじゃないかと不安になってきて、筋トレをやめてしまうことがあるからです。

効果が出ないのにつらい思いをするのは誰だって嫌ですよね。

だから、やめてしまうことがあるんです。

でも逆にすぐに効果が出てきたらどうでしょうか?

ちょっとくらい辛い思いをしていたとしても、それによって効果が出ているのであれば、もっと頑張ろうと思うようになるのが普通です。

だから特に初心者の人にとっては早く効果が出るような筋トレをするというのはおすすめできるんです。

ダンベルは取り組みやすいというメリットもある

ダンベルを使った筋トレをすることのメリットはもう一つあります。

それは、取り組みやすいということ。

ダンベルを使った筋トレは、シンプルな方法であれば、それをただ腕を曲げて持ち上げたりおろしたりするだけなので、すごく簡単です。

それに対して自重トレの場合には、いったん床に寝そべったりしないといけません。

寝る時以外でその体勢になることはそうそうありませんよね。

だから、それをするには、いったん気合を入れないといけないんです。

でもダンベルの場合には、ふとダンベルが目に入ったときにそれを持ち上げるという流れで筋トレができます。

なのですごく気軽にトレーニングを始めることができるんです。

気軽にできれば続けやすい

気軽にできるということは、その分続けやすいということになります。

始めるのに気合が必要だとなると、どうしてもやる気が出てこないこともあるものなのです。

結果やらない日がでてきて、そのままフェードアウトしてしまったりします。

それに対して、特にやる気を出す必要がなく始められるのであれば、まずそうなることはありません。

簡単に続けることができるんです。

どんな形でトレーニングをしていくにしても続けることはすごく大切。

続けていかないと一旦筋肉をつけたとしても、すぐに落ちていってしまうんです。

それではそれまでの努力も台無しになります。

だからたとえそれまでに筋肉がついていたとしても、それから先もトレーニングは続けていかないといけないんです。

そうしてそれから先も続けていくことを考えると、特にやる気を出す必要なく続けることができるトレーニングをするというのは、すごく効果的になります。

もちろんダンベルを使っていろいろな鍛え方をしていこうと思ったら、結局ある程度やる気を出さないといけなくなることはありますが。

まとめ

初心者の人は、ダンベルでトレーニングを始めることにも、そして自重でトレーニングを始めることにもメリットがありました。

なので判断に迷うところはありますが、一番いいのは自分がやりたい方でやることですね。

特にそれがないというのであれば、何年も運動していないのであれば自重。

そうではないのであればダンベルという分け方をするのもありです。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ダンベル