POWERIST

何を着ても良いわけではない?女性が加圧シャツを着る時の注意点

      2019/08/14

DREAM SLIM® 加圧 補正下着 インナーTシャツ 猫背姿勢矯正 機能性インナー シェイプアップ 細身シャツ 加圧tシャツ 女性 Y07 (M, BLACK) [並行輸入品]

加圧シャツは、男性が着る物だというイメージがある方も多いでしょうが、実は別にそんなこともありません。

加圧シャツは、女性が着るのにも適しているものになるのです。

でも、女性が加圧シャツを着る時には、それ相応の注意点もあります。

そこでここではそんな、女性が加圧シャツを着る時の注意点について紹介していきたいと思います。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

男性用の加圧シャツを着ないように

女性が加圧シャツを着る時の注意点としてまず挙げられるのは、男性用の加圧シャツを着ないようにするということです。

加圧シャツには、男性用のものと女性用のものがあります。

そのようにきちんと女性用の物があるのですから、女性は女性用の物を着用するべきなのです。

確かに別に男性用の物を使用してもある程度の効果はでるでしょう。

しかし、それに伴う弊害が起こる可能性もかなり高いと言えます。

バストがつぶれたりする

男性用の加圧シャツを女性が着た時の弊害として一番大きいのは、やはりバストがつぶれたりすることになるでしょう。

男性には、当然ながらバストはありません。

多少ふくよかな人はいるかもしれませんが、女性のそれと比べるとやはり全然違います。

そして、そんな風に男性にはそれがないわけなのですから、当然男性用の加圧シャツでは、バストの事を特に考えてはいないでしょう。

だから、女性が男性用の加圧シャツを着用していったら、すごくバストがつぶれてしまう事があるのです。

それではやはりすごく苦しいでしょう。

すごく苦しいだけであればまだましです。

そうしてバストがつぶれてしまうと、やはりバストのかたちが悪くなることがあります。

それは女性にとっては避けたいことなのではないでしょうか?

なので、やはり女性は男性用の加圧シャツを着るのは避けるべきなのです。

女性用であればきちんと考えられている

では女性の加圧シャツであればどうでしょうか?

女性用の加圧シャツであれば、あえて女性用と銘打っているのですから、当然のごとくバスト問題についても考えられているでしょう。

それを考えた上で、ちょうど良いバランスで加圧できるように作られているのが、女性用の加圧シャツなのです。

せっかくそうしてきちんと考えられているものがあるのに、それを使わない手はありません。

だから、女性が加圧シャツを着る際には、女性用の加圧シャツを着るのがおすすめなのです。

絶対おすすめ加圧シャツランキングはこちら

スポンサーリンク

首元が緩めの物を着用するべし

女性が加圧シャツを着る際には、出来れば首元が緩めの物を着用するように心がけていた方が良いでしょう。

それは、首元が緩めの加圧シャツの方が苦しくないとか、その方が加圧シャツとしての効果が高くなるとか、そういうことではありません。

そうではなく、首元が緩めの加圧シャツであれば、首元からその加圧シャツが見えないから、それを選ぶようにした方が良いと言えるのです。

ずっと着ているべきものだから

加圧シャツというのは、ずっと着ているべきものになります。

ということはつまり、私服出勤の人であればそれを私服の下に着ることになりますし、制服やスーツの方はその下にそれを着ることになります。

では、そんな風に下に入れる時に、首元が詰まった加圧シャツだったらどうでしょうか?

それはまず間違いなく見えてしまうでしょう。

でもやはり、そうしてインナーが首元から見えてしまうとすごく見た目が悪くなります。

男性であれば、別にそんなことはいちいち気にしないという方も多いかもしれませんが、女性であればやはりそれは気になるでしょう。

制服やスーツでの出勤の方であればまだましですが、私服の方は余計に気になるはずです。

せっかくオシャレをしようと思っても、そのインナーのせいで台無しになることもあります。

そうなるとやはり、加圧シャツを着るのが嫌になることもあるでしょう。

そうならないようにするためにも、女性が加圧シャツを着る時には、女性用の加圧シャツを選んだうえで、さらに首元が緩めの加圧シャツを選ぶようにすると良いでしょう。

多くを狙い過ぎない事も大切

女性が加圧シャツを着る時には、多くを求めすぎない事も大切になります。

多くを求めすぎると言うのはたとえば、お腹まわりも痩せさせたいけど、腕まわりもなんとかしたいとか、そんな風に色々な部位にそれをきかせてしまおうとすることです。

そうではなく、たとえばお腹ならばお腹、腕ならば腕という風に部位を絞ってきた方が、より加圧シャツの効果は出やすくなると言えます。

女性の場合は男性よりも凹凸がある分、いくら考えて作られているとはいっても、すべてに効かせようとするとどこも中途半端になりがちになるのです。

そんな中途半端な加圧シャツを着ていても、いつまでも効果が出ないでイライラしてしまうでしょう。

いつまでも効果が出ないでいると、やはり次第にその加圧シャツを着なくなるでしょう。

それでは勿体ないので、そうならないように、多くを狙い過ぎないようにするのです。

部位を絞った加圧シャツの選び方

では、そもそも部位を絞った加圧シャツは、どのようにして選んでいけば良いでしょうか?

それはやはり、特にその部位が締め付けられるサイズの加圧シャツを買うという方法を取るのが良いでしょう。

先述の通り女性は男性に比べて凹凸がありますから、女性用の加圧シャツを着ていても、微妙に身体の部位によって締め付けの強さは変わってくるはずです。

ということは逆に言えば、いろいろ試していけば、自分が効かせたいところを特に強く締め付けてくれるようなサイズもあるということになります。

なので、いろいろ試してそういうサイズをみつけていってください。

無理して長時間着ないようにする

加圧シャツと言うのは、基本的には長い時間着る物になります。

寝る前にはそれを脱ぐの一般的ですが、基本的にはそれ以外の時間はそれを着ていることが多いです。

でも、女性の場合には、それはあまりおすすめをしません。

無理して長い時間着ないようにした方が良いでしょう。

汗をたくさんかいてしまうから

それは、加圧シャツを着ていると汗をたくさんかいてしまうからです。

加圧シャツは、身体をギュッと締め付けてくれるものです。

そんな風に身体をギュッと締め付けてくれている中で日常生活をおくっていけば、その日常生活の所作もやりづらくなり、いつもよりも筋肉が鍛えられます。

それはつまり、運動効果が高くなるということです。

そして、運動効果が高くなるということは、ただ普通にしているだけでも汗をかきやすくなるということです。

ただ女性の場合は汗をかきすぎてしまうと困る事があるでしょう。

それが、化粧崩れです。

汗に強い化粧道具もたくさんあることはありますが、それでもやはり汗をかくと少しは崩れてしまうでしょう。

なので、出来ればそんなに汗をかかないで過ごしたいはずです。

だから女性が加圧シャツを着る場合には、無理した長い時間着ないようにすることがおすすめなのです。

無理せず出来る範囲で加圧シャツを着ていけば、それで十分だといえるでしょう。

まとめ

女性が加圧シャツを着る際の注意点についてはお分かりいただけましたでしょうか?

女性でもきたら効果があるのが加圧シャツですが、間違った加圧シャツ選びや着方をしていると、体に悪影響を与えてしまう事もあるので、そうならないようにしっかりと注意点をまもって加圧シャツを着用していってください。

そして、より効果的に活用していきましょう。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 加圧シャツ