POWERIST

メリットがたくさん!筋トレに最適なダンベルの効果とは?

      2019/07/11

世の中には筋肉トレーニングをしている方は多くおり、その際使用する筋トレ器具の種類は多くあります。

筋トレ器具にはバーベルやトレーニングチューブなど色々ありますが、その中でもダンベルが特におすすめです。

ダンベルがあれば、様々な筋トレを行うことができ、様々なメリットや効果を期待することができます。

ここでは、ダンベルのメリットや効果を紹介していくので、ダンベルの購入を検討している方や、筋トレの器具選びに迷っている方は、ぜひご覧ください。

私が絶対おすすめするダンベルランキングはこちら

スポンサーリンク

様々な動作に対応することができる

ダンベルがバーベルや他の筋トレ器具より優れているところは、筋トレの種類のバリエーションが多いところです。

バーベルやトレーニングチューブや筋トレマシンなども、複数の筋トレを行うことができますが、他の筋トレ器具と比べると、ダンベルは行える筋トレの種類が圧倒的に多くあります。

ダンベルには、軽いものから非常に重いものまで様々な重量があり、片手で一つ持って使用します。

そのことにより、様々な動きができ、柔軟性を高めることもできます。

あるスポーツでの動きに負荷を加えたり、目的の筋肉をピンポイントで鍛えたりなど、柔軟に対応し鍛えることができます。

以上のようにダンベルは、様々な動作に対応し強化できることがメリットになっています。

私が絶対おすすめするダンベルランキングはこちら

スポンサーリンク

左右をバランス良く鍛えることができる

バーベルのような両手持ちの筋トレ器具を使用すると、左右バランス良く鍛えることができない場合があります。

例えば、基本バーベルは両手で持って筋トレを行いますが、バーベルを上げる際、筋力が弱い方の腕を筋力が強い方の腕でカバーすることができます。

そのことにより、筋力が強い方の腕は更に強くなってしまい、左と右とで筋力のバランスが改善されないまま鍛えることができてしまいます。

一方、ダンベルによるトレーニングは、基本片手で一つのダンベルを持って行うため、左右どちらか一方に負荷が偏ることはありません。

また、筋力が弱い方を集中してしっかり鍛えることができるため、左右バランス良く筋肉を鍛えることができます。

動かせる範囲が広い

ダンベルを使った筋肉トレーニングは、バーベルや筋トレができるマシンよりも、体を広く動かせることができます。

体を広く動かせると聞いても分かりにくいかと思いますが、例えばバーベルを使用するベンチプレスは、胸の辺りからバーベルを上げ下げします。

バーベルを上げた後、バーベルを下ろしますが、バーベルが胸に触れるくらいまでしかバーベルを下ろすことはできません。

しかし、ダンベルを使ったベンチプレスの場合は、ダンベルが胸に当たることはないので、バーベルのベンチプレスよりも下に腕を下ろすことができます。

そのように、ダンベルを使った筋トレは、体を動かせる範囲が広くなります。

上げたり下げたりする範囲や曲げ伸ばしの範囲が広くなることで、筋肉を十分に伸ばし縮まらせることができます。

そのことによって筋肉を十分に働かせることができ、筋肉が鍛えられやすく、成長しやすくなります。

バーベルなどよりも関節にかかる負担が少ない

基本ダンベルでの筋トレは、片手で一つのダンベルを持って行います。

バーベルなどと比べるとコンパクトで、可動範囲が広い自由度の高い筋トレ器具です。

そのため、関節にかかる負担は少なくなります。

可動範囲が広く柔軟に筋トレをすることができるので、肩や肘などの関節にかかる負担は少なく、ダンベルは関節に優しいと言えます。

バーベルなどで筋トレをして関節がおかしいと感じた場合、同じ種類の筋トレでも、ダンベルを使うことで関節に違和感を覚えることなくできる場合もあります。

重量を変えることで効率的に筋肉が鍛えられる

ダンベルでの筋トレ中、ダンベルの重量を変えやすく、筋トレをしている時に重いダンベルから軽いダンベルにすぐに変えることが可能です。

また、逆に軽めのものから重いものへすぐに変えることも可能です。

固定式ダンベルの重量の種類をいくつか用意しておけば、筋トレ時すぐに重量を変えることができます。

しかし、可変式ダンベルで重量を変える場合は、両端のプレートを交換するのに多少時間がかかるため、そのことは考慮しておきましょう。

軽めのダンベルと重いダンベルを使用することで、効率的に筋肉トレーニングをすることができます。

効率的にできるということは、効率的に筋肉が鍛えられるということにもなります。

筋肉周辺を鍛えることもできる

当たり前のことですが、ダンベルを持って筋トレをすれば、筋力をアップ、または維持することができます。

ですが、筋力だけでなく、筋肉周辺の組織なども鍛えることができます。

重いダンベルを持って肘を曲げ伸ばしするダンベルカールは、筋力を上げることができますが、軽めのダンベルを持って体操したり、ウォーキングをしたりすることにより、筋肉周辺の組織やダンベルを持った手から離れた脚なども鍛えることができます。

つまり、一部分だけ鍛えられる訳ではなく、他の部分にも負荷が加わることで様々な部分が鍛えられるのです。

そのことにより、筋力がアップするだけでなく、柔軟性や体幹なども鍛えられ、全体的に鍛えることが可能になります。

ダイエット効果が高まり筋持久力も高まる

有酸素運動をする時に、0.5kgくらいの軽いダンベルを持って行うことにより、身体にかかる負荷が高まり、通常よりもエネルギーの消費量は多くなります。

例えば、ウォーキングをする時に、軽いダンベルを持つことで、ダイエット効果を高めることができます。

ただし、重いダンベルを持ってウォーキングをすると、負荷が強すぎることで怪我をしてしまう場合があるため、軽いダンベルを使用することが大切です。

ダンベルの重さは、女性の場合は0.5kgまでにし、男性の場合は1.0kgまでにすると良いでしょう。

ダンベルは使い方によって、ダイエット効果以外にも、筋持久力もアップさせることもできます。

例えば、ボクシングの練習で、0.5kg~1kg程度のダンベルを両手に持ち、パンチを出す練習をすることで、パンチを出す際の筋持久力がアップし、長い時間パンチが出せるようになる効果を期待することができます。

それらのことから、ダイエット効果を高めたい方や、筋持久力を高めたい方にもダンベルはおすすめです。

心肺機能がアップする

ダンベルの使い方は、ただ単に、じっと座って肘を曲げ伸ばすので、立った状態で肘だけを動かすだけではありません。

ダンベルを持ってエクササイズやウォーキングなどをすることもでき、有酸素運動にダンベルをプラスするだけで、心肺機能へかかる負荷を強くすることができます。

そのことにより、心肺機能がアップする効果を期待することができます。

前述した通り、ウォーキングをする際は軽めのダンベルが良いですが、エクササイズをする場合も軽めのダンベルを使用すると良いです。

心肺機能がアップすれば疲れにくくなり、活動的に動くことが可能になります。

では、活動的に動けるとどのようなメリットがあるのかというと、それは、家事や仕事などでいつも以上に頑張ることができるようになることです。

また、積極的に家族サービスなどもすることができるようになるため、家庭円満にも繋がります。

それらのことから、心肺機能を上げることは、充実した日々が過ごせるようになることにも繋がります。

まとめ

以上のように、ダンベルには、様々な嬉しいメリットや効果を期待することができるため、筋トレを始めようと思っている方にはおすすめです。

ダンベルによる筋トレは、それほどスペースが広くないところでもできるため、手軽に行うことができます。

自宅で行う場合は可変式ダンベルがおすすめで、可変式ならプレートを交換することで重量を変えることができ、目的や筋トレの種類によって重量を変えることができます。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ダンベル