POWERIST

ダンベルで毎日筋トレをしても良いの?しても良い理由としてはいけない理由

      2019/08/03

筋肉質の引き締まった体は格好良いものです。

そのため、筋肉トレーニングをしている方は多くおり、筋トレを始めようと思っている方も多くいます。

しかし、筋トレを始めようと思っている方の中には、「筋トレをするためにダンベルを買ったが、毎日筋トレをしていいの?」と疑問に思う方もいることでしょう。

ここでは、そのような疑問を解決するために、毎日筋トレをしてはいけない理由と、毎日筋トレをしても問題ない理由などを解説していきます。

私が絶対おすすめするダンベルランキングはこちら

スポンサーリンク

毎日ダンベルで筋トレをしてはいけない理由

ダンベルで筋肉トレーニングを行い、効率的に筋肉を鍛えるには「超回復」を考慮して行うことが大切です。

超回復とは、筋トレによって破壊された筋肉が、回復することによって以前よりも強くなる仕組みのことをいいます。

つまり、筋トレをした後に超回復をするとパワーアップすることができるのです。

ですが、超回復をするには時間がかかります。

筋肉が回復していない状態で筋トレを行うと、逆に筋肉量は低下してしまいます。

そのため、筋トレをした後は適切な時間休養をする必要があります。

負荷の強さや、筋トレを行う部位などによって超回復にかかる時間は異なりますが、基本、破壊された筋肉が回復するには48時間~72時間ほどかかります。

そのことから、毎日筋トレをしてはいけないともいわれています。

特定の部位を毎日しっかり筋トレすること自体困難

ある部位を、限界に近いくらい筋トレをした場合、筋肉が破壊されたことと疲労で、翌日はその部位を満足に筋トレすることはできません。

そのため、特定の部位を毎日しっかり筋トレすること自体困難なことになります。

しかし、中には毎日腹筋をして腹筋を酷使している方がいますが、そのことは効率的ではなく、逆効果になってしまいます。

超回復の仕組みを無視して筋トレを行っている訳ですから、逆に筋力が低下してしまう原因になります。

また、毎日同じ部位の筋トレを頑張ってしているつもりでも、しっかりと追い込めていない可能性もあります。

筋肉にはしっかり負荷をかけて追い込んでやらないと、筋力アップを期待することはできません。

それらのことから、毎日同じ部位を筋トレすることは、筋力のアップや筋肉の肥大化のためには効率的ではなく、逆効果になってしまいます。

私が絶対おすすめするダンベルランキングはこちら

スポンサーリンク

筋トレは毎日行っても問題ない理由

超回復を考えると、毎日ダンベルで筋トレをしてはいけません。

ですが、毎日同じ部位を筋トレするのではなく、毎日違う部位を筋トレすることで、効率的に毎日筋トレすることができます。

例えば、今日は胸の筋肉を鍛えたから、明日は脚の筋トレを行い、その次の日は背中の筋トレを行う、といった具合に毎日違う部位を筋トレします。

そうすることで、破壊された筋肉には回復する時間が与えられ、しっかりと回復して強くなることができます。

多くのスポーツ選手やボディビルダーなどは、そのように超回復を意識して、毎日違う部位の筋トレを行っています。

毎日違う部位の筋トレをローテーションすることで、毎日筋トレを行うことができるのです。

1つの部位に対して週何回行えば良いのか

ここまでの解説で、毎日同じ部位の筋トレをしてはいけないということが理解できたかと思います。

では、1つの部位に対してどのくらいの間隔を空けて行えば良いのでしょうか?

筋肉トレーニングで傷ついた筋肉が回復するのにかかる時間は、48時間~72時間ほどといわれています。

そのため、2日おきに特定の部位の筋トレを行えば大丈夫のような気がしますが、2日おきだと関節や腱などが十分に回復するには時間が足らなすぎます。

また、1度の筋肉トレーニングをハードに行い、十分に追い込むことができると、2日おきでは筋肉疲労も回復することは困難です。

そのようなことから、1つの部位に対しては、週に1回~2回のトレーニングがおすすめです。

特定の部位の筋肉を週1~2回筋トレすることにより、超回復がスムーズになり、効率的に筋肉を強くしたり大きくしたりすることができます。

ですが、そのためには1回1回の筋トレで、しっかり追い込むことが大切になります。

超回復だけでなく食事も重要

超回復を考えて効率的にダンベルで筋トレしていても、栄養バランスの良い食生活を送っていないと筋肉の回復が遅くなってしまいます。

体を作るのに欠かせない栄養素はたんぱく質で、筋肉を作るのにも欠かせません。

そのため、たんぱく質を十分に摂取することが大切ですが、ビタミンやミネラルなどもしっかり摂ることが大切です。

つまり、筋肉の成長には栄養バランスの良い食事を摂ることが大切で、特にたんぱく質は意識してしっかり摂ることが必要です。

そこでおすすめなものがプロテインです。

プロテインはたんぱく質が豊富に含まれており、ビタミンやミネラルなども含まれています。

筋肉に必要な栄養素を、飲むことで手軽に摂取することができるので、プロテインも利用すると良いでしょう。

ストレッチのすすめ

先程説明したように、筋肉を回復させるには栄養バランスの良い食事をすることが大切ですが、ストレッチをすることも大切です。

筋肉トレーニングをした後や寝る前などにストレッチをすることで、筋肉をほぐすことができます。

そのことにより疲労を軽減することができ、次の日の疲れ具合が全く違ってきます。

また、ストレッチをすると柔軟性を高めることができ、ダンベルでの筋トレ時の可動域を広くすることができます。

可動域が広ければ広いほど特定の筋肉を使用することができ、筋肉トレーニングの質を高めることができます。

つまり、ストレッチは筋トレをサポートしてくれる運動なのです。

筋肉の成長には睡眠も重要

筋肉の成長にはしっかり眠ることも必要です。

筋肉は起きている時も回復して成長しますが、睡眠時は特に成長しやすくなります。

人間は眠っている時に成長ホルモンの分泌量が多くなります。

成長ホルモンが多く分泌されることで、筋肉の修復を促進させることができます。

そのため、しっかり睡眠を取って回復させることは、筋肉の成長には重量です。

眠る直前までテレビを見ていたり、パソコンやスマートフォンを使っていたりすることは睡眠の質を低下させてしまいます。

また、眠る直前の入浴やストレスなども寝つきを悪くする原因になります。

そのため、テレビやパソコン、スマートフォンなどの画面は眠る直前まで見ないようにし、寝る90分前までには入浴を済ませておき、ストレスを上手に解消することが大切です。

睡眠の質を低下させてしまう理由

なぜテレビやパソコン、スマートフォンが睡眠の質に関係しているのかというと、それらの画面からは目を覚まさせる作用のあるブルーライトが発生しているからです。

そして、なぜ寝る90分前までに入浴を済ませておくと良いのかというと、入浴によって深部体温が上がったまま布団に入ると寝つきが悪くなるためです。

それと、ストレスは精神面に大きく関わっており、睡眠の質にも深く関係しているため、ストレスを上手に解消することが大切なのです。

睡眠の質が悪くなることは筋肉の成長には良くないため、先程説明したことを参考にし、部屋の睡眠環境を整えてしっかり眠るようにしましょう。

睡眠の質が良くなれば疲れが取れやすくなり、筋肉も効率よく成長しやすくなります。

まとめ

その日によって違う部位をダンベルで筋トレする場合は、毎日筋トレをしても問題ありません。

ですが、体調が悪い時や、明らかに疲労が蓄積している時は休むことも考えましょう。

無理をして体調を悪化させたり、怪我をしたりしては意味がありません。

そのため、オーバーワークには注意して筋トレを行っていきましょう。

ちなみに、軽い筋トレでしたら回復にあまり時間がかからないため、毎日しても問題ありません。

ですが、軽い筋トレでは効果的ではありません。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ダンベル