POWERIST

なんとかしたい腰の痛み!加圧シャツには腰痛を予防・改善する効果がある?

      2019/04/16

Exlura 加圧インナー メンズ ダイエット コンプレッションウェア UVカット パワーストレッチ下着 吸汗速乾アンダーウェア (L, 黒)

ウエストを引き締める・姿勢を良くする・疲労を軽減するといわれている加圧シャツですが、腰痛を改善する効果も期待することができます。

では、どうして加圧シャツを着るだけで腰痛が改善されるのでしょうか?

ここでは、加圧シャツによる腰痛改善について解説するので、加圧シャツに興味のある方や腰痛持ちの方は、ぜひご覧ください。

体幹を強くする効果で腰痛改善が期待できる

加圧シャツの期待できる効果として、ウエストを引き締める効果があります。

着ているだけでウエストを引き締めることができるのは、着圧による作用があるからです。

着圧で筋肉が刺激されることにより、お腹周りの筋肉が強くなり、ウエストを引き締めることが可能になります。

そのため、体幹を鍛えることが可能で、体幹が強くなれば腰痛の改善を期待することができます。

体幹が弱いことは腰痛の原因になる

腰痛の原因には、血流が悪いことや姿勢が悪いこと、スポーツや肉体労働による腰への負担などがありますが、体幹が弱いことも腰痛の原因になります。

体幹が弱いということは、お腹周りの筋力が弱いということになります。

そのため、体幹が悪いことで腰痛が起きている場合は、お腹周りの筋肉を鍛える必要があります。

しかし、腰を痛めている時に、腹筋や背筋などの筋肉トレーニングをすることは難しいことです。

腰を痛めていると、少し動くことも辛く感じてしまう場合があります。

ですが、トレーニングをしないとお腹周りの筋肉を強くすることができません。

そこで、最適なものが「加圧シャツ」になります。

手軽に体幹を鍛えることが可能

前述した通り、加圧シャツは着ているだけで着圧の刺激によりお腹周りの筋肉を鍛え、ウエストを引き締める効果を期待することができます。

そのことから、腹筋や背筋などのお腹周りを鍛える筋肉トレーニングをする必要がないということになります。

そのため、腰が痛くても、手軽にトレーニング効果を得ることが可能になります。

着圧による効果なので、ボディービルダーのようにムキムキになる訳ではありませんが、加圧シャツを着ることによって筋肉が刺激され、以前よりも筋肉を強くして、お腹周りを引き締められる効果は期待することができます。

そして、お腹周りの筋肉が強くなり体幹が強くなれば、腰痛の予防や改善に役立ちます。

これらのことから、加圧シャツは体幹が弱いことで腰痛を起こしている方にはおすすめです。

姿勢が良くなることにより腰痛改善が期待できる

加圧シャツを着ると、着圧により姿勢が良くなる効果を期待することができます。

猫背を改善し、背すじが伸びる良い姿勢になることが可能なので、腰へかかる負担は少なくなります。

そして、前述した通り、加圧シャツは体幹が強くなる効果も期待できますが、体幹が強くなることは姿勢が良くなることにも繋がります。

それは、お腹周りの筋力が強くなることで身体の安定感が高まるので、姿勢が良くなるという訳です。

悪い姿勢は腰痛の原因になる

猫背などの悪い姿勢は通常よりも腰に負担がかかるため、腰痛の原因になってしまうことがあります。

また、立っている時に同じ側の脚ばかり体重をかけたり、椅子に座っている時に脚を組んだり、マットレスや枕が原因で寝姿勢が悪かったりすることも腰痛の原因になります。

そのように、姿勢が悪いと腰痛を起こしてしまう場合があるので、姿勢には注意が必要です。

そのため、姿勢が悪いことで腰を痛めている方は、普段の生活での姿勢を見直すことが大切になります。

加圧シャツは姿勢を良くするのをサポートしてくれる

先程、姿勢が悪い方は姿勢を見直すことが大切だといいましたが、姿勢を矯正したり、姿勢の癖を直したりすることは意外と難しいことになります。

そのため、腰痛の原因が姿勢だと感じていても、腰痛を改善することは難しいでしょう。

そこで、おすすめなものが「加圧シャツ」です。

加圧シャツには、着圧によって姿勢を良くする効果が期待できるので、姿勢を直そうと意識しなくても自然に良い姿勢に導いてもらうことが可能になります。

姿勢が矯正されれば腰にかかる負担は少なくなるので、腰痛が改善されることを期待することができます。

血流が良くなる効果で腰痛改善が期待できる

腰痛は、生活習慣やストレスなどにより、血液の流れが悪くなることも原因になります。

悪い姿勢・身体の冷え・ストレス・運動不足などが原因となって血液の流れは悪くなりますが、血液の流れが悪くなると筋肉に影響が出てしまいます。

血流が悪くなると疲労物質は蓄積しやすくなり、その影響で筋肉の硬直が酷くなり腰を痛めてしまうことがあります。

血行を良くする方法としては、入浴・適度な運動・栄養バランスの良い食事・規則正しい生活などがありますが、加圧シャツを着ることも血行を良くする方法になります。

加圧シャツの血行を良くする効果

加圧シャツの加圧により、血流が良くなる効果も期待することができます。

また、加圧によって筋肉が鍛えられ、筋肉量が増えることで血液の流れは良くなります。

つまり、加圧と筋肉量が増えることで血行が良くなる効果を期待することができるのです。

血行が良くなれば、疲労物質は流れやすくなるため、加圧シャツで腰痛の予防や改善をすることが可能になります。

食べ過ぎを防ぐ効果で腰痛改善が期待できる

肥満は腰痛の原因になります。

そのため、食べ過ぎに注意する必要がありますが、加圧シャツには、着圧によって食べ過ぎるのを抑えることが可能になります。

加圧シャツを着ると、お腹に圧力がかかります。

お腹に圧力がかかると、お腹が膨らみにくくなります。

そのため、たくさん食べることは難しくなり、食べ過ぎるのを抑えることができるという訳です。

食べ過ぎるのを抑えることができれば摂取カロリーを抑えることができ、太りにくくなります。

太りにくくなるということは肥満の防止になり、肥満の防止は腰痛を防ぐことに繋がります。

では、なぜ肥満は腰痛の原因になるのでしょうか?

次はそのことを解説していきます。

肥満が腰痛の原因になる理由

立ち上がる・座る・前かがみになるといった動作は、腰に大きな負担がかかります。

その腰にかかる負担は、体重の2.5倍くらいかかるといわれています。

つまり、体重が重いほど腰には負担がかかることになり、肥満になれば当然腰にかかる負担は大きくなります。

その上、筋肉量が少なく、体脂肪率の多いただのおデブさんだと、膝関節や靭帯などは自分の重さの負荷に耐えることができなくなり、膝関節や靭帯を痛めてしまう場合があります。

このように、肥満は腰痛だけでなく膝痛なども起こしてしまいます。

そのため、肥満にならないことが大切であり、肥満にならないようにするために、栄養バランスの良い食事・適度な運動・ストレスの対策・しっかり睡眠をとるなどが大切になります。

そして、食べ過ぎを抑えることが可能な加圧シャツを着ることも肥満の防止になり、毎日ついつい食べ過ぎてしまい、太ることに悩んでいる方には加圧シャツがおすすめになります。

まとめ

以上のように、加圧シャツの着圧により、腰痛を予防、改善する効果を期待することができます。

そのため、慢性的な腰痛に悩んでいる方には加圧シャツがおすすめです。

腰は何気ないちょっとした動作の時も使用するので、腰を痛めると日常生活に支障をきたしてしまいます。

そうなると、とても辛いので、快適な生活を送るためにも、加圧シャツなどで腰痛を予防しましょう。



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 加圧シャツ